【5G】押さえておきたいスマホの5Gサービスと日本の5Gサービス

5G

海外では5Gに対応したスマホサービスがスタートするなど、次世代のネットワークが次々に実用化されています。日本でもそろそろかな~なんて思いつつ楽しみにしている人もいるのではないでしょうか。2020年に入り、日本でも5Gを実用化する準備が着々と進んでいます。

5Gのスマホサービスとはどのようなものか?また日本の5Gサービスについても詳しく説明していきたいと思います。

スマホの5Gサービス

5G対応のスマホは、日本ではまだ販売されていませんが、アメリカ・韓国では2019年4月にサービスが開始されています。その後、オーストラリアやスイスなど各国でも5Gのサービスがスタートするなど世界では5Gがどんどん広がっています。

スペインのバルセロナで開催される2019年の携帯電話の総合見本市イベント「MWC2019」でも、展示の中心となっていたのは5Gだったと言われています。海外では2019年が5G元年と位置づけられており、日本より少し早く5Gが広がりを見せています。

サービス開始の2019年だけでも2,200万台の販売が見込まれるなど、いかに注目されているかがわかるのではないでしょうか。世界に目を向けると5Gを主力としたスマホを政府が推進するような動きもあり、今後も広がっていくと考えられます。

日本の5Gサービス

2020年に入り日本でもいつ5Gのサービスが開始されるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。5Gのサービスがスタートするといっても、2020年に入ってすぐに私達の生活が劇的に変わるわけではありません。

2019年4月の総務省の発表によると、電波周波数の割当による開始時期を代替ですが発表しています。例えば、ドコモは2020年春・ソフトバンク・auは2020年3月・楽天モバイルは2020年6月としています。あくまでも予定なので、この時期が変わる可能性もあります。

ただし、5Gのサービスがスタートしたとしても日本全国で同時に使えるわけではありません。5Gのサービスがスタートし、基地局が徐々に開始されてから5Gを利用できる範囲が増えていくと考えられています。

エリアについてはスマホのキャリアによっても大きく差があるので注意が必要です。例えばドコモは2024年度末までに97.0%と高い数字をだしていますが、ソフトバンクは64.0%程度に留まっています。基地局にどれだけの費用を算出しているのかも、それぞれのキャリアによって違いますし、準備にどの程度の時間がかかるのかは差が出てしまうのです。

日本では5Gが当たり前になるのはちょっと先の話になってしまうかもしれません。2020年の当初は一部の地域で「スマホの通信速度が少し早くなったかな?」ぐらいの恩恵しかない可能性もありますし、料金プランが高いか安いかどうかによっても変わってくると思います。

ちなみに2019年9月20日にドコモは5Gのプレサービスを開始しました。限定的なものではありますが、2020年の春には商用サービスがスタートします。日本の5Gサービスは東京2020の大きなイベントにかけてサービスをアピールすると見られています。

5Gが商用化されると、ドコモ・au・ソフトバンクそれぞれが次々に新しい機種を発表すると考えられており、今から楽しみですね。また5Gが主流になればAR(拡張現実)やVR(仮想現実)などの新しいコンテンツやサービスなども次々に投入されるようですし、スマホユーザーにとっても新しい体験ができるのではないでしょうか。

まとめ

5Gが2020年に日本でも商用化されることもあり、具体的にいつから利用できるのか考えるとワクワクしてしまいますよね。とはいえ、日本では世界と比較しても5Gが導入されるのが少し遅く2020年にやっとスタートできる準備段階に入ったようです。

5Gについてはどのように進んでいくのか、進化を常に見て注目するようにしておきましょう。5Gでスマホの通信速度だけでなく、サービスやコンテンツなども大きく変わるでしょうね。