【ライティング】ポイントは読み手にとって必要な情報を提供できるかどうか!

スポンサーリンク
アフィリエイト

WEBのコンテンツはどんな文章でもただ数を増やせばいいだけではなく、良質な記事を書く技術がないとただ文字を羅列しているだけになってしまいます。ライティングはとても奥深いもので明確なルールがありません。そのためライティングといってもその人によって基準も違えばレベルも違います。今回はライティングについて説明していきます。

ライティングとは?

今回紹介するライティングは主にWEBに掲載するコンテンツの文章を作成することを指します。ただ単にライティングというと、とても幅が広いので今回は絞って紹介していきたいと思います。ライティングはその技術をもったライターのことでもあり、誰が見ても読みやすく役に立つ記事を書くことはもちろん、それを読んでもらってはじめてライティングの価値が生まれます。どんなに良質な記事を書いていても読まれなければ意味がありません。

読み手にとって必要な情報を提供できるか

そもそもWEBは書籍などと同じように読むものですが、読み手の意識に大きな差があります。WEBの場合文章を読むのはもちろん、読みては何かしらの目的を持って検索してそのページに辿り着いているということです。読み手にとって知りたいと思っていた情報がなければそのページからすぐに離脱してしまいます。

本は一度読み始めれば、よっぽどのことがない限り途中で読み進めるのを辞めることはありませんよね。読み手が本当に欲しい情報があるのかどうかはたったの3秒で判断されてしまうのです。

もちろん最初から完璧な文章が書けるようになるのは難しいものです。時間がかかってもやればやるほど後から結果がついてくるのがライティングだといえます。どんな文章を書けばいいのか正解というのはなかなか難しいものです。インターネットのアップデートなどの情報も視野に入れながら常に学ぶ姿勢が大切なのだと思います。

ライティングで絶対にやってはいけないこと

ライティングで絶対にやってはいけないのが、他のサイトにあるコンテンツをコピーすることです。これはサイトとして評価されなくなってしまうことはもちろん、他社のサイトに対しての権利侵害になってしまいます。ライティングは自分が作成した文章に責任を持つことも大切なことです。

まとめ

ライティングはとても奥深く知れば知るほど楽しいものだと思います。まずはとにかく文章を書くこと、経験から学べることもたくさんあります。またWEBライティングならではのルールも守るようにしてくださいね。