【ライティング】必ず覚えておいて欲しい3つのこと

スポンサーリンク
アフィリエイト

ライティングといえばサイトでユーザーを集客する為にも最も重要なものになり、ただ文章を連ねるような内容ではなく、検索して訪問してくれたユーザーにとって価値のあるものでなくてはいけません。

そんなライティングだからこそ、サイトの質を決める重要なものになります。

これからライティングを使って集客を考えているのであれば、必ず覚えておいて欲しい3つのことを説明していきたいと思います。

文章は伝えたいことを簡潔に

WEBサイトではユーザーに伝えることはできるだけ簡素化し、短時間で必要な情報を提供することが大切だと言われています。例えばただの文字数稼ぎのようなダラダラとした長文の言い回しだったり、同じような内容の文章を繰り返していても意味がありません。

箇条書きや番号リストなどを上手に取り入れながら、ユーザーにとって欲しい内容がわかりやすくまとめられているのがいい文章です。

ただし、専門的な内容のコンテンツなど簡略化してしまうとわかりにくい用語が並ぶものは、注役を入れるなどして説明文を含まないと伝えたいことが伝わらない文章になってしまいますので注意してくださいね。

ページタイトルにキーワードを含む

文章も大切ですが、タイトルの作り方も重要なポイントになります。キーワードを含んだ思わずクリックをしてみたくなるような、魅力的なタイトルを考えなくてはいけません。

ただタイトルを羅列しただけの文章では、わざわざクリックをしてまで読みたいとは思いませんよね。

必要な情報が載っていそうだなと思えるようなタイトルだとSNSの拡散にも繋がると考えられています。もちろんページの内容と合っているタイトルが必須です。

コンテンツメイクにも徹底的にこだわる

ただ文章を作ればコンテンツと呼べるわけではありません。それを文章として形にする前の企画やアイディアなども視野に入れて、何度も検討を繰り返したうえで最終段階としてライティングがあると考えましょう。

文章ばかりにこだわってしまうと、そのコンテンツを通して何が伝えたいのかがわかりにくくなってしまいます。コンテンツメイクに力を入れているからこそ、求められるような上質なコンテンツが作れるのです。

まとめ

ライティングはただ文章を作るものではなく、読んでもらったユーザーに必要な情報を届けてこそ意味があるものです。

そのためにも何を伝えたいのか?目的は?など必要な情報を文章内に入れ込めるように工夫していきましょう。