【AI】AIエンジニアとは?AIエンジニアの未来は?AIエンジニアについて解説!

AI

AIの普及にともない、AIエンジニアの需要も格段に高まっています。将来性があり、やりがいのある仕事としても注目されています。でも実際のところ、「AIエンジニアってどうなのか?」「AIの未来(将来性)についてわからないことだらけ…。」なんて人も多いのではないでしょうか。

AIエンジニアとは具体的にどのような仕事なのでしょうか。

AIエンジニアとは?

AIエンジニアの仕事は多岐にわたり、機械学習や人工知能の開発を行ったり、AIのなかに蓄積されたデータをもとに分析・解析を行う技術者のことを指します。AIエンジニアは機械学習エンジニアと呼ばれる「プログラミング系」と、データサイエンティストと呼ばれる「アナリティクス系」の2つにわけることができます。前者はAIの基盤となる開発や構築を担う人になり、それを解析してプログラム化させるのが後者のアナリティクスです。

おそらくAIエンジニアを目指すのであれば、まずは機械学習エンジニアが一般的だと思います。ディープラーニングの知識を駆使し、点在しているデータを統合しAIにインプットさせていきます。そのデータの質を高めるのも役割の一つです。

AIエンジニアににとってディープラーニングは必ず覚えておきたい基礎でもあります。機械自身が認識することで理解して新しいものを予測し生み出していきます。

ディープラーニング(英: Deep learning)または深層学習(しんそうがくしゅう)とは、(狭義には4層以上の)多層の人工ニューラルネットワーク(ディープニューラルネットワーク、英: deep neural network; DNN)による機械学習手法である。深層学習登場以前、4層以上の深層ニューラルネットは、局所最適解や勾配消失などの技術的な問題によって十分学習させられず、性能も芳しくなかった。しかし、近年、ヒントンらによる多層ニューラルネットワークの学習の研究や、学習に必要な計算機の能力向上、および、Webの発達による訓練データ調達の容易化によって、十分学習させられるようになった。その結果、音声・画像・自然言語を対象とする諸問題に対し、他の手法を圧倒する高い性能を示し、2010年代に普及した。

引用元:『ウィキペディア(Wikipedia)』

よく混同されやすいITエンジニアとの違いですが、ITエンジニアはクライアントの要求に対してプログラム言語を使ってシステムを構築する人です。それに対してAIエンジニアはAIに対してデータを与えるのが主な業務になります。AIが学習しやすい環境を整えて、問題を解析・分析し解決していきます。求められるスキルにも違いがあり、AIエンジニアはPython(パイソン)などのプログラミング知識だけでなく、数学知識、深層学習(ディープラーニング)、機械学習、統計学などの知識も必要となります。

Python(パイソン)は、汎用のプログラミング言語である。コードがシンプルで扱いやすく設計されており、C言語などに比べて、さまざまなプログラムを分かりやすく、少ないコード行数で書けるといった特徴がある。

引用元:『ウィキペディア(Wikipedia)』

AIエンジニアの未来は?

AIエンジニアは国内だけでなく世界的に見ても、深刻な人手不足となっています。AIの開発を進める為には優秀なエンジニアが必要ですが、人数が圧倒的に足りていないのです。その結果、すでにAIエンジニアとして活躍している人の争奪戦になっており、企業が高待遇で採用しているケースも少なくありません。

ただ、なかには『エンジニアの仕事がAIに取られてしまうのではないか?』と心配している人もいるのではないでしょうか。せっかく知識・技術として身につけたにも関わらず、すぐに仕事がなくなってしまっては意味がありません。

確かにエラーのないように正確に打ち込むのは、AIの得意とする分野でもあります。ただAIエンジニアの場合、初期段階の指示が非常にあいまいなことが多くその相手の状況に合わせて詰めていく作業は、AIが最も苦手とする部分でもあります。

システムのすべてをAIに任せてしまうと人間の視点から見ても不確定な判断になってしまう可能性もあります。その点から考えても5年・10年先にAIエンジニアの仕事がなくなるとは考えにくいのです。

ただし、AIが補助的な役割を果たし、専門的な知識を持っていない人でも挑戦できるようになることは想定できます。AIの技術は驚くべきスピードで進化していますし、常に新しい技術を学ぶ姿勢、またコミュニケーション能力なども求められるようになります。需要の高さは変わりませんが、幅広い知識を身につけていたほうが長期的に安定した仕事を得ることにも繋がります。

まとめ

AIエンジニアの仕事は今後将来性も期待できるやりがいのある仕事です。何か新しいことを始めてみたい!手に職をつけたい!と思っているならおすすめです。

まずは基礎からしっかりと学び、形にしていきましょう。