【金融】「株式投資」と「投資信託」について説明します。また、金融商品を選ぶときのポイントも紹介!

スポンサーリンク
資産構築

将来に向けてなにか投資でもしてみようかなとは思っているものの、何から始めたらいいのか迷っている人もいるのではないでしょうか。金融と呼ばれるものは実はとても幅広く、さまざまな種類があります。

ここでは、初心者でも取り組みやすい「株式投資」と「投資信託」について説明していきます。

株式投資とは?

株式投資は、会社が資金を調達するために「出資者=株主」に発行する有価証券のことです。新しい工場や店舗を造るときなど、まとまった資金が必要になりますよね。こうした資金を集める為に株式を発行するのです。

基本的に会社が存続している限り持ち続けられるものになり、換金する場合は市場にて売却します。株を購入したときの株価よりも上がれば利益になりますし、下がれば損益になります。上がったときに出た利益を「値上がり益」といいます。

株は自分で売買するタイミングを決めることができます。株を持っているメリットとして、企業の利益を株主に還元する「配当金」や、株主への感謝を表現する方法として「株主優待」などがあります。また株主になると会社の株主総会に參加し、会社の運営について意見を述べることができ決議に參加できるようになります。

金融商品に興味を持ったきっかけが株式投資なんて人も多いようですが、値上がり益だけでなく株主優待券を目当てに株主になる人もいます。安定的な収入が得られる方法としても注目されていますし、インフレに強く、仮に物価が2倍以上になったとしても安定しています。上場している会社のなかから自分で投資したい会社を選べる楽しさもありますね。

投資信託とは?

たくさんの投資家から資金を集めて運用するのが「投資信託」です。金融商品というとまとまったお金が必要な場合が多いのですが、投資信託は小額から始めることができ投資初心者でも始めやすいことから注目されています。なかには1万円程度の費用から始められることを考えるとお手軽ですよね。

専門家がさまざまな情報を収集して分析し投資を行います。専門家の手を借りて投資ができるので、銘柄選びなどもおまかせできます。投資信託は基本的に分散投資になりますので、1つの銘柄が値下がりしてもそこまで大きな損益にはなりません。

リスクを軽減できる投資方法でもあり、たくさんの商品のなかから選べたり、自分の目的にあった商品を選ぶこともできます。投資信託は「値上がり益」だけでなく、決済時に成果に対して受け取れる「分配金」もあります。

支払い頻度は年に1回のところもあれば、4回、12回など商品によっても変わります。ただし元本が保障されているものではないので注意してくださいね。

金融商品を選ぶときのポイント

金融商品にはさまざまなものがありますが、自分に合ったものを選んで投資を行うようにしてくださいね。例えば自分で投資する商品を選んで運用したいのであれば「株式」がいいですし、専門家におまかせするなら「投資信託」です。

また国内だけでなく外貨建ての投資もあり日本のインフレにも強く影響を受けにくくなります。またどのぐらいの資金を投資できるのかによっても変わりますし、予算や元本が保証されるほうがいいのか?などトータルで考えた上で判断していく必要があります。

金融商品を購入するときには、お金は大切な資産ですので後悔しない選択をしてくださいね。

まとめ

金融商品の中でも初心者におすすめの「株式投資」と「投資信託」について説明しました。将来の為にも少しでもお金を増やしておきたいと思うものですが、過剰なお金をつぎ込むなどのギャンブル的は運用は避け、余裕を持った投資を検討してみてくださいね。

元本が保証されていないものはなくなるリスクも考え、精神的な余裕を持つことも大切です。