【FX】FXのチャートの見方とFXにかかる税金について詳しく解説します!

スポンサーリンク
FX

FXを始める前に必ず覚えておきたいことがあります。為替の動きを読み解き、売買の参考にするための「チャート」はもちろん、FXにかかる税金などは意外と知らない盲点なのではないでしょうか。

これからFXに挑戦する前に把握しておくのをおすすめします。

FXのチャートとは?

FXのチャート(為替チャート)は時間軸ごとに価格をグラフとして表示したものです。FXでは過去のレートを視覚化してみると、相場がどう動くのかを読み解くことができます。

例えば、「何かの情報が発表されたあとにチャートはどう動くのか?」「チャートが下がったあとに上がるタイミングはいつなのか?」など、チャートには必ず法則があるので今後を予測するテクニカル分析を行うこともできます。

FXにとってチャートとは数学的な視点から分析する場合に欠かせません。また、チャートは円と米ドルの値動きを表したものは「ドル円チャート」、円とユーロの値動きを表したものは「ユーロ円チャート」といい、種類はたくさんあります。

チャートの表示方法はさまざまなものがありますが、一般的には「ローソク足」で表現されます。1日よりも短い周期で1本のローソク足でチャートを形成しているものを「日足」といい、1週間分のチャートを表したものを「週足」、1ヶ月分のチャートを表したものを「月足」といいます。

それぞれ短期的な取引なら日足を見るのが一般的ですし、中期的な取引なら週足、長期的な取引なら月足を見ます。同じチャートでも1日分なのか1週間分なのか見る期間によっても足の形状は変わります。

そのため、日頃から見るチャートは1種類と決めずに複数の足を見て取引をしたほうが利益がでる可能性が高くなります。チャートの使い方はトレーダーによっても変わりますが、相場を知る為の手がかりになるので日頃から見ておき慣れておくことも大切です。

FXにかかる税金

FXには利益があるなしに関わらず税金がかかります。よく、利益も少額だし税金の申請も手間がかかるからそのままでもいいかな~なんて思ってしまう人もいるのですが、申告しないと余計な税金を納めなくてはいけなくなることもあります。

FXの利益に対して「所得税15%+住民税5%」「復興特別所得税0.315%」を合わせた20.315%の税率がかかります。1年分の利益・損益を翌年度の確定申告で申告するのですが、副業と同じ「雑所得」に分類されます。決済していないものに対しては課税対象にはなりますが、決済が完了し利益が出ている場合は税金の申告をしないと法律違反になってしまいます。また損失が出てしまったときも確定申告をしたほうが「繰越控除制度」で税金が安くなることもあります。

■負けた年こそ申告して繰越控除

 ところで、FXで負けた年も確定申告はしておく方が良い――と言うとどうでしょう? なんで?と思う人がいるかもしれません。

 でも、負けた人こそ、確定申告はしておいた方が良いです。なぜなら、「繰越控除」が使えるからです。

繰越控除とは、前年までの損失額と当年に出た利益を相殺することで、利益が出た年の納税額を少なく済ませることができる便利な制度。向こう3年に渡って使うことができます。

 負けたからってヤケを起こさず、ちゃんと確定申告しておけば、来年以降3年間、利益が出た時に納税額を抑えることが可能です。

 利益が出ていなければ確定申告自体、義務ではありませんが、繰越控除を使いたいなら確定申告は必須。これからもトレードを続けるのであれば、使わないともったいない制度でしょう。

 昨年、大惨敗でした…という人も今年の勝利を誓いつつ、ぜひ、繰越控除の申告を検討してみてください。

引用元:ザイFX

 

FXで確定申告が必要なのは、

  • 会社員で年収2,000万円以下の人、年金生活者で年収が400万円以下の人…利益が20万円を越えたとき
  • フリーランス、フリーター、自営業、学生、専業主婦…利益が38万円を越えたとき

となります。

また、FXはかかった費用を経費として一部計上できます。

例えば、PCを使って作業している場合は液晶モニター代金、Wi-Fi、インターネット接続料などを計上し、FXの所得から差し引くことができます。FXの専門書を購入した場合も経費になりますし、セミナーに參加した費用も対象です。

FXは利益があるなしに関わらず、翌年度の確定申告を忘れないようにしてくださいね。

まとめ

FXを始める前に覚えておきたいチャートの見方、税金面について説明しました。FXでは損失が出てしまったときも確定申告をしたほうがいいのは意外と知らない人のほうが多いかもしれません。また経費が計上できることも知らずに損をしている人もいるかもしれませんね。

知っているかどうかによって変わりますのでFXを始める前に一通り把握しておくようにしてくださいね。