【投資信託】投資信託とは?おすすめしたい2つの投資信託運用会社

投資信託

誰でも一度は耳にしたことのある「投資信託」ですが、具体的にはどんな運用方法になるのか知らない人も多いのではないでしょうか。初心者でも取り組みやすい投資方法の一つです。

投資信託の基礎知識や、おすすめの投資信託についてわかりやすく説明します。

投資信託とは?

投資信託は投資家から資金を集めて運用するもので、ファンドマネージャーと呼ばれるプロの専門家が株式や債券などの複数の商品に投資し運用していきます。文字からもわかるように“投資を信じて託すこと”の意味があります。

投資信託には2つの利益があり、購入した時点の基準価格よりも高くなったときの利益と、分配金と呼ばれる決済時に支払われるお金があります。これは投資した株式や債権に対して運用し出た利益を、保有している口数に合わせて、投資家に分配していきます。

分配金は投資信託の信託財産から支払われる為、一時的に基準価値が低下します。また、分配金の支払いについては投資信託でも違いがあり、毎月支払われるものもあれば年1回など回数制限のあるものもあります。状況によって支払われないこともあるので、必ず手に入るものではありません。

集めた資金をどのような対象に投資するのかは、投資信託ごとにも違いがあり専門家自身が決められます。市場の環境によっても変動しますし、うまくいくこともあれば運用に失敗し損をすることもあります。投資信託は元本が保証されている金融商品ではないので注意しなくてはいけません。

投資信託は100円などの少額から購入できるものもあり、投資が気になってはいるものの資金が少ない人にもおすすめです。もちろん1000円、1万円などの投資信託もあり、自分でスタートする金額を選べます。投資信託は運用をプロに任せられる分、投資の知識やテクニックなどは必要なく、誰でも気軽にスタートできます。

おすすめの投資信託運用会社

一言に投資信託といってもたくさんの種類があります。その中から実際に投資する投資信託運用会社を選ばなくてはいけません。初心者でも資産形成に役立つおすすめの投資信託運用会社についてご紹介しますね。

1. クローバー・アセットマネジメント

複数の投資信託を組み入れたファンド・オブ・ファンズ式の投資方法になります。毎月一定金額を積み立てる「毎月積み立てコース」と、好きなときに購入できる「スポット購入」があります。

ファンド名も4つの種類に分類されており、幅広いファンドに投資ができる「コドモファンド」や、国内外の株式にバランスよく投資できる「らくちんファンド」、長期的な運用を行う「浪速おふくろファンド」、海外投資専門の「かいたくファンド」から選択できます。

名前もわかりやすいので初心者でも覚えやすいのもポイントですね。
2.ひふみ投信

レオス・キャピタルワークスは、藤野英人さん率いる投資信託運用会社です。国内を中心に成長の著しい株に対して投資を行っています。

長期的な資産形成の応援や、日本の未来に貢献しています。またひふみ投信では初心者の人でも安心できるように、運用しているファンドマネージャーの顔を公開したり、守りながらふやす投資方法を徹底しています。

そのため市場の動きにハラハラすることなく、安心して大切な資金を任せることができます。独自の徹底した調査によって成長企業を探しているからこそ、信用できますね。

まとめ

投資信託は少額から始められる、コツコツ長期的に資産を形成するための投資方法です。国内外の株式や債権など分散投資もでき、リスク対策としても最適です。

投資初心者にもおすすめしたい投資方法です。