【副業】副業についての説明と副業を始めるうえでの注意点

スポンサーリンク
副業

副業元年と呼ばれた2018年、本業以外にも仕事をして稼ぐ人も珍しくなくなりつつあります。副業など稼ぐ方法を分散させることによって、もし本業が倒産するなどのリスクがあっても収入を途絶えさせることなく生活を維持していけます。

副業を認めている会社も5社に1社ともいわれ、将来の為にも自分で稼ぐ必要があります。そもそも副業とはどんなものなのか?また注意点も説明します。

副業とは?

そもそも副業とは本業以外で収入を得るために行っている仕事のことです。副業以外にも、サイドビジネスやダブルワークなどさまざまな呼び方があります。副業については明確な定義があるわけではありません。

働き方も多様化しており、本業がお休みの日に日払いのバイトをしている人もいれば、在宅ワークで収入を得ている人、不動産投資やFXなどで資金を運用している人など多岐にわたります。

今までは会社に勤めているサラリーマンなど副業を禁止していたり、就労規則などで記載はないにしても副業をするのをなんとなく禁止していたケースが多いとされてきました。ですが、近頃では会社が副業を認めるようになり、本業の空いた時間を活用して副業に取り組む人が増えています。

大手企業や中小企業はもちろん、銀行や公務員なども副業を解禁しています。

そもそも、終身雇用が当たり前ではなくなり給料額も下がっている今、収入を得たいのであれば自分で稼がなくてはいけません。ただしすべての業種で副業ができるわけではなく、なかには副業を禁止している業種もあります。

同業種で副業は、守秘義務のある技術や情報を外部に漏らしてしまう危険性があるので認められないでしょう。

副業を始めるうえでの注意点

副業を始めるうえで、必ず覚えていてほしい事があります。

本業に支障をきたすような働き方をしないことです。

副業で自分の好きな趣味や今までやりたかったことに挑戦する人も多いと思いますが、なかには本業よりも副業のほうが楽しくなってしまいのめり込むあまり、本業で遅刻や欠勤が続いてしまうケースもあります。本業を辞めたいと思っているのであればいいのですが、副業を中心とした生活になってしまい本業でクビになってしまっては本末転倒です。

両方のバランスをとってこそ副業が成り立ちます。副業で本業を越える稼ぎを得られる人は本当にわずかですし、本業にもしっかりと向き合うようにしてください。本業に迷惑となる行為はしないことは副業をするうえでの最低限のマナーです。

また、副業を始めると確定申告が必要になります。会社で年末調整が行われているので必要ないのでは?と思うかもしれませんが、一定の所得以上になると別に税金を支払う必要が出てきます。1月~12月までで副業で得た収入を、翌年の2月~3月に税務署にて申請を行います。年末調整とは勝手が違うので最初は戸惑うかもしれませんが、申告を忘れてしまうと納税違反になりますので注意してください。

まとめ

副業は今や珍しいことではなくなり、その人によって仕事の内容やかける時間は違えど本業以外で稼ぐ人たちが増えています。自分が頑張った分だけ稼げるメリットもありますし、日々の生活にも余裕がでてきたりして充実した毎日を送れるようになります。

自分の好きなこと趣味などを仕事にして稼ぐこともできますし、副業を通して自分の強みを知る機会になるかもしれません。視野を広げる意味でも時間に余裕があれば副業をおすすめします。新しい発見がたくさんあるはずですよ。