【株式投資】株式投資とは?株式投資の始め方も併せて紹介

株式投資

投資といえば最初に思うかべる人が多いのが「株式投資」ではないでしょうか。でも「売却益」とか「上場企業」とか、専門用語が多すぎてよくわからない…なんて人もいるのではないでしょうか。株式投資はただ投資をする以上にさまざまなメリットがあります。

株式投資の基礎知識や、始め方について詳しく説明していきたいと思います。

株式投資とは?

株式投資の「株」とは、企業が活動に必要な資金を調達する為に発行されるものです。個人・法人いずれの方法でも購入でき、購入後は「株主」として議決権が与えられ、企業経営に參加することもできます。

議決権とは株主総会に參加して決議案についての賛成や反対などの意思を表示できる権利です。企業にとっては資産の形成や、運営などの重要事項が決議されますので、この点を考えるだけでも保有している価値があります。

株主総会に出席することで、「このまま株式を所持するべきか?」などを考えるきっかけにもなります。

株式投資では2つの利益を出す方法があります。

1:株式の売却益
株式は買い注文や売り注文に対して常に市場が変動しています。企業の業績が良ければ買い注文が増えますし、何か問題がおきれば売り注文が殺到します。
市場の変動を見極め、株を購入したときよりも値上がりしたタイミングで株式を売却して利益を手に入れます。
2:配当金・株主優待
保有している株の数によって支払われるもので、決算期ごとに利益に応じて配当金が支払われます。保有している数が多ければ多いほど、受け取れる配当金は増えます。
株主優待は、株主に対して自社商品などのサービスを提供します。長期的に株を保有してもらうために行われているもので、この株主優待に魅力を感じて、株式投資を始める人もいます。

ただし覚えておかなくてはいけないのは、株式投資は初期費用が高額になりやすいことです。最低株式数などの決まりもあり、100株以上(10万円以上のケースも)を負担しなくてはいけない場合もあります。資金に余裕がないと少し難しいかもしれません。

株式投資の始め方は?

1:知識を学ぶ
株式投資を始める為には、まずはその知識を学ぶことから始めるようにしてください。知識のあるなしだけで、稼げる金額も変わってきます。大切な資産を守る為にも基礎知識などを含め、最低限のルールなどは学んでおくのをおすすめします。
2:証券口座の開設
株式投資を始めるうえで、「店舗型」と「ネット型」があり、自分にあった方法を選びます。
手数料が少なく注文時間も限られないので、これから始めるのであればネット型を選んだほうがいいでしょう。口座を開設したら資金を入金し、投資したい銘柄を探します。これを「買い注文」といいます。
銘柄は超有名企業のものや最低投資額・株主優待などの条件面から選んでもいいですし、成長株を選んで投資することもできます。ネットの場合、自分の好きなタイミングで買い注文ができますが、迷ったときに相談できる相手がいないデメリットもあります。

株式投資についてしっかりと学んでおかないと利益を得るのは難しくなってしまいます。最初は、成行き注文から始めて慣れてきてから指値注文にも挑戦するようにしましょう。

「成行注文」とは何か?

 成行注文とは、値段を指定しない注文方法です。「成行で1,000株の買い注文」とか「成行で3,000株の売り注文」といった使い方をします。

 取引時間中に成行の買い注文を出すと、そのときに出ている最も低い価格の売り注文に対応して、即座に注文が成立します。同様に成行の売り注文の場合は、最も価格が高い買い注文に対応して、注文が即座に成立することになります。

 例えば、現時点での株価が300円、最も価格が低い売り注文が301円で1万株、最も価格が高い買い注文が299円で1万株でている状況を考えてみましょう。

 このときに成行で1,000株の買い注文を出すと、301円で買えることになります。成行で1,000株の売り注文を出すと、299円で売れることになります。

 ただし、注文が成立するまでの間、株価が変動することもあります。その場合はより高い株価で買ったり、より低い株価で売ったりする可能性も生じます。

引用元:トウシル楽天証券

「指値注文」とは何か?

 指値注文とは、買う、もしくは売る値段を自分で指定して注文する方法です。例えば「300円の指値で1,000株の買い注文」とか「500円の指値で2,000株の売り注文」といった使い方をします。

 指値注文の特徴は、買い注文であれば指値以下の株価、売り注文であれば指値以上の株価にならなければ、絶対に注文が成立しないという点にあります。

 300円の指値で買い注文を出せば、株価が300円以下にならなければ注文は成立しません。また、500円の指値による売り注文は、株価が500円以上にならないと注文は成立しません。

引用元:トウシル楽天証券

まとめ

株式投資について説明しましたが、やはりある程度知識をつけてからのほうがよいでしょう。

上記のとおり初期費用がかかること、また思い通りにならないことも多々ありますが、この点を注意しつつ、この機会に株式投資を始めてみませんか。