【仮想通貨】仮想通貨とは!?仮想通貨のメリット・デメリット、今後について解説!

仮想通貨

仮想通貨といえば年々新しい通貨も増え、発行枚数も驚くほど増えています。でも実際に通過が手元にあるわけでもないし、「本当に大丈夫なの?」と心配になる人もいるかもしれません。

仮想通貨についてよくわからない…。そんなあなたに「仮想通貨とはどういうものなのか?」また、気になる今後についても解説していきます。

仮想通貨とは?

仮想通貨は実態を持っていない通貨になり、暗号化された「デジタルデータ」に分類されます。インターネットを通じて不特定多数の間で商品やサービスの対価として使用できます。

国が発行している円やドル、ユーロとは全く異なるお金です。

そもそも、どうしていつも使っているお金で買い物ができると思いますか?これはお金として多くの人が認識していて、信用されていることに理由があります。国が価値を保証している通貨のことを「法定通貨」といい、特定の国家による価値の保証を持たないのが「仮想通貨」です。

仮想通貨の種類は年々増えており、1500種類以上にもなると言われています。そもそも仮想通貨がどうして認識されるようになったのかというと、暗号化技術が発達したことにあります。仮想通貨を偽造することもできませんし、二重払いなどの問題もありません。データ通貨としての安全性も高くなったことでより注目されるようになりました。

仮想通貨のメリット・デメリット

仮想通貨のメリットについて解説します。

個人でも企業でも気軽に送金ができます。銀行を通す必要がないので送金先の相手の情報を送ってもらい、取引所を経由して送金するだけのスピード送金を実現します。
日本だとどこでもATMや銀行があるのでそこまで不便さを感じることはありませんが、海外に送金するとき(例えば仕送りなど)にタイムラグなく数十分程度で送金できます。ビジネスでも入金確認がすぐにできるので待ち時間がほとんど発生しません。
実店舗を有することのない仮想通貨は、手数料の安さでも知られています。24時間365日好きな時間に取引ができることも仮想通貨のメリットだと考えられています。

次に仮想通貨のデメリットについてです。

値動きの激しさゆえに、ハイリスク・ハイリターンといえます。なので、まずは少額から取り引きを開始しましょう。
通常、通貨の価値を決めるのは需要と供給のバランスです。株価のような市場によって影響されるものではないので、為替とは違った動きをします。従来の為替取引のセオリーが通用しないことを忘れてはなりません。

仮想通貨は今後どうなるの?

仮想通貨の知名度については年々伸びているといえますが、仮想通貨に対して不安感を持っている人もいまだ多く存在します。限られた人しか取引をしていないのも事実です。確かに今までの通貨とは全く異なる考え方になりますし、今すぐに仮想通貨を使うべきにではないと思われているのかもしれません。

しかしキャッシュレス決済の需要が伸びれば、国外の企業とやりとりの多い企業にとっては仮想通貨は大きなメリットになります。仮想通貨を当たり前の用に使い決済する人も増えてくるはずです。

特に法定通貨に対しての信用度が下がれば下がるほどその需要は伸びますので、仮想通貨には注目しておいて損はありません。

まとめ

仮想通貨はまだまだ日本で一般的に普及しているとはいえません。でも仮想通貨にしかないメリットを見ればいかに将来性の高い通貨であるのはわかるのではないでしょうか。

通貨として法整備も進み、近い未来に仮想通貨の注目度がより高まるのは間違いありません。今から仮想通貨がどういうものなのかを理解しておくことが大切です。