【おすすめ書籍~旅行編~】忙しい人にこそ読んでもらいたい4冊の旅行本!

おすすめ商品

仕事が休みの日など「たまには旅行に行きたいな~。」なんて思うものの、どこに旅行に行こうか迷っていたり、ときには旅先についてもっと知った上で決めたいなんてときもありますね。

旅行について知るにはガイドブックはもちろん、写真集や小説などさまざまな本の形があります。旅行先を事前に知ることで、実際訪れたときの感動もひとしおです。

今すぐに旅行に行きたくなるような旅行の魅力がギュッと詰まった、ワクワクする本をご紹介します。

『地球の歩き方』地球の歩き方編集室

旅行のガイドブックの中でも老舗として有名な地球の歩き方ですが、1979年に創刊されました。日本人の海外渡航自由化に伴い作られたものになり、随時情報が更新され新しいものに変化しています。

他のガイドブックとは比べ物にならないほどの情報量が載っており、その国や街の観光地はもちろんディープな情報やローカルフード、お土産などなんでも載っています。ガイドブックとしても優秀なものなので、読んでいるだけで行きたい旅行先が見つかるかもしれません。

写真も多いので普段本を読まない人でも楽しめます。読んでいるだけでこれほどに旅行気分を掻き立ててくれる本はなかなかありません。

『一度きりの人生 絶対に行きたい夢の旅 50 <心震える絶景&体験ガイド>』A-Works

2014年に創刊された本ながら、長年の人気書籍として知られています。高橋歩さんプロデュースで、旅先を決めてから読むガイドブックではなく旅先を決めるときに読むべき本です。

3泊5日の旅行でたったの11万で、あなたの夢を実現できる旅に行けるとしたらどう思うでしょうか。ただの観光地を紹介する本ではなく、旅の予算、行き方、手配の方法などを完全にガイドしてくれているので、はじめての海外旅行先で悩んでいる人にも自信を持っておすすめします。

本を開くとこの世のものとは思えないような絶景が広がり、何度でも読みたくなる本です。写真を眺めるだけでも楽しめる写真集のようです。

『週末海外 – 頑張る自分に、ご褒美旅を -』小林希

“映画より楽しい旅になる!”をコンセプトに、頑張る自分にご褒美旅をあげたいあなたにこそ読んで欲しい本です。一人旅でも無計画でも短期間でも楽しめるので、週末のちょっとした時間に旅に出たい人にもおすすめです。

2泊・3泊・長期などの休みの期間別におすすめの旅行先を紹介してくれています。航空券の手配や旅行のおともなど、知りたい情報も詰まっています。文字数は多めですが情報量は十分ですし、週末のちょっとした時間に行ける旅行を紹介しているので、より身近に感じられるのではないでしょうか。

サラリーマンなど時間に限りがある人でも、旅行をより気軽に楽しめる本です。

『サラリーマン2.0 週末だけで世界一周』東松寛文

“旅ほど「働き方」を最速で変える方法はない”をコンセプトにした本です。著者の方は大学を卒業したあとに激務の広告代理店に入社して社畜化しましたが、ひょんなことから一人で海外旅行に行く羽目になり旅のおもしろさに目覚めます。

そこで「世界一周がしたい。」とは思ったものの、サラリーマンを辞める勇気はなく「週末」と「貯金」を使って3ヶ月で5大陸18カ国制覇を叶えます。旅行に行く時間なんて取れない…と思っている人も、この本を読むと元気がもらえます。

週末を変えるだけでも奇跡が起こるのを教えてくれる、是非多くの人に読んで欲しい本です。会社で働きながら人生を楽しめます。

まとめ

紹介した4冊はどれも旅行の楽しさを教えてくれる良書です。仕事が忙しく時間が取れないから旅行なんて考えられない、と思っている人も視点を変えてみると限られた時間でも十分に旅行を楽しむことができます。

あなたも週末の時間やちょっとしたお休みに旅行に出かけてみませんか。