【クラウドサービス】有名なクラウドサービスの一覧とおすすめ

クラウドサービス

インターネットで使える「クラウドサービス」は、種類も多くどれを使うべきか迷っている人もいるのではないでしょうか。IT化が進む現代はどんどん新しいものが増え、高性能なものも出てきています。

クラウドサービスでも最低限抑えておきたい一覧と、そのなかでもおすすめできるクラウドサービスについてご紹介します。

有名なクラウドサービスの一覧

そもそもクラウドサービスとは、インターネットを経由してソフトウェアやデータのバックアップ、グループウェア、勤怠・会計・経費などの精算システムなどのあらゆるジャンルで提供されているものです。

生産性を高め売上を向上させ、余計なコストの削減に繋がるなど著しい進化も遂げています。

現在、最も大きく有名なクラウドサービスといえば以下の3つだと思います。

①AWS

「Amazon Web Services」は、もともとAmazon社が自身の為に構築したものです。2006年に入りAmazon社外にも公開しました。クラウドサービスとしても世界トップシェアを誇り、最先端の機能を取り入れています。クラウドサービスの先駆者でもあり、情報量が多く他を圧倒しています。その分お値段が高いデメリットもあります。

②Azure

「マイクロソフト」が提供しているクラウドサービスです。リージョンが日本に2箇所あり、日本が拠点となっています。大切なデータを国外で保持するのを不安視する場合、また災害対策などを考えてAzureを選択している企業も多いようです。

③GCP

「Google Cloud Platform」は、Googleが提供しているクラウドサービスです。高速起動や細かい使い勝手の良さ、超ビックデータにも対応できるデータベースなどもあります。しかも他のクラウドサービスと比較しても安く、費用の負担が少ないメリットも特徴です。

おすすめのクラウドサービス

数あるクラウドサービスのなかでどれを使うべきか迷ったときは、以下の4つをおすすめします。

セキュリティ面、データ容量、対応している機器など総合的に判断して利用するサービスを決めてくださいね。

.Googleドライブ
Googleのアカウントがあれば誰でも使えるストレージです。Googleのあらゆる機能と連動していることもあり、小規模だけでなく大きな企業や団体でも有効的に活用できます。機能面も充実していますし、Googleユーザーからも絶大な人気です。
.OneDrive
2億人以上の利用者がおり、マイクロソフトのアカウントさえあればOSもデバイスも関係ありません。アカウントがあれば5GBまで無料で使えるコスパの良さもあります。大容量で低価格のビジネスプランなどもあり、作業の効率化を重視したい人におすすめです。
.Dropbox
5億人以上のユーザー数を誇るオンラインストレージです。優れたファイル共有性能を持ち、スマホやタブレット・PCなどのすべてのデバイスで共有できます。サイズの大きさなども関係ありませんし、ビジネスでも頻繁に使うアプリとも連動しています。
.iCloud Drive
スマホでもWindowsでもブラウザからアクセスして使用できます。共有したいファイルはiCloudDriveで人物を追加して作業の招待をすれば、後は自由にファイルにアクセスできます。共有しているファイルは、参加中かどうかを表示できるのでコメントのやりとりも可能です。

誰もが知っている主要クラウドサービスといえば、この辺りではないでしょうか。無料で使えるプランもあり、大きな容量を必要とする人向けの有料プランもあります。どのOSを使っているのかによっても、最適なクラウドサービスは変わります。

まとめ

クラウドサービスは種類も多く迷ってしまうかもしれません。

セキュリティ面も安心でき、しかも手頃な価格で利用できるサービスも増えていますので、是非導入してみてくださいね。