【ココナラ】ココナラの手数料とは?ココナラの気になる評判は?

coconala

ココナラといえば登録会員数100万人を突破するなど、サービス開始後に確実に利用者を伸ばし続けています。自分の得意なことを活かして仕事ができるなんて夢のような話ですし、誰かの役に立っていると考えるととてもやりがいがあります。

ただココナラの手数料は高い!と言われていますよね…。

そんなココナラの詳しい手数料ついて、またココナラの評判について解説します。

ココナラの手数料とは?

ココナラで手数料と言われているのはいくつかありますが、サービスを出品し、販売総額に対してかかるものが一般的です。他にもクレジットカードなどの決済時にかかる「決済システム手数料」があり、他にも売上金額が3,000円未満の場合は振込手数料として160円がかかります。

一方で、サービスを出品する為の初期費用や月会費などの手数料は一切かかりません。

出品しているサービスを購入してもらうと、出品者と購入者がやり取りをするためのトークルームが開設されます。

出品者が商品やサービスを納品し「トークルームの取引成立時に販売総額から手数料が引かれる」仕組みになっています。この販売総額とは一つのトークルーム内で支払われたサービス価格・オプション・おひねりなどのすべての金額を足したものです。

下記のようにトークルームの販売総額によっても手数料率が変わります。

  • 1円〜5万円以下の金額部分‥25%(税別)
  • 5万円超〜10万円以下の金額部分‥20%(税別)
  • 10万円超〜50万円以下の金額部分‥15%(税別)
  • 50万円を超える金額部分 ‥10%(税別)

(※ココナラより引用)

この手数料にさらに消費税の10%がかかります。

また、ココナラより販売総額に応じて還付金額が設定されており、事前に登録している口座に「翌月5日」に銀行振込にてキャッシュバックを受け取ることができます。振込がある場合は、毎月月初に詳細の記載されたメールが届きますので、いくら還付金があるのか確認することができます。

ココナラには出品出来るもののなかに電話相談などのサービスもあります。金額は1分100円~となりますが、それぞれ手数料がかかります。100円/分=実際の手取り41円、120円/分=実際の手取り49円など、もともとの出品金額より手数料が差し引かれた金額が、売上として受け取ることのできる金額です。

ココナラの気になる評判は?

ココナラの手数料がわかったところで、実際にサービスを利用している人の評判はどうなのでしょうか。ココナラは自分の知識・スキル・経験を使ってお金を稼ぐ、フリーマーケットという今までにはないサービスを展開しています。

出品できるスキルの幅も広く、WEB関係だけでなく語学・広告・就活アドバイス・旅行・おでかけなどなど好きなジャンルを選んでサービスを出品できます。販売価格も1,000円~と手頃なものから最高額100万円の取引まで幅が広く高額な取引もできます。

登録会員数も多く、サービスによってはココナラで生計を立てている出品者の方もいます。出品しているサービスの評価や販売額・納品完了率によって変わるランクアップ制度や、評価・評判システムなどもあります。

出品者と購入者のやりとりは非公開でも匿名の選択もできますし、決済もココナラが仲介してくれるからこその安心感があります。ココナラでは気軽に出品でき、自分の実力を試すこともできるので、何か新しいことに挑戦してみたい人にもおすすめです。

まとめ

ココナラの各種手数料と実際の評判について説明しました。1,000円から出品できることを考えると初心者の人にもおすすめできますし、“ココナラで活躍して独立したい!”なんてプロ意識の高い人にもおすすめしたいサービスです。

たくさんの出品者の人がいるので安定した売上を作るのは簡単ではありませんが、経験を積みつつプロフィールを充実させるのがポイントです。

お名前・電話番号の入力不要。無料会員登録はこちら