【確定拠出年金】個人型と企業型の違いは?併用できるケースも解説!

確定拠出年金

確定拠出年金には大きく分けて2通りの種類があります。一つは「個人型確定拠出年金」と呼ばれるもので、もう一つは「企業型確定拠出年金」です。それぞれの違いや確定拠出年金の制度がわかりにくいと思っている人もいるかもしれません。

個人型と企業型それぞれの違いについてどこよりもわかりやすく説明していきます。

確定拠出年金の個人型(イデコ)

個人型確定拠出年金は、自分の意志によって掛け金を拠出する仕組みです。どこの金融機関を使うのか、また運用商品の選択なども自分で行います。会社員でなくても加入することができ、将来の年金のためにと支払っている人が多いのではないでしょうか。

例えば自営業者やその家族、公務員、専業主婦などさまざまな人が加入しています。それぞれに60歳未満であり被保険者(※個人型でも異なる)であることが必要です。

拠出する金額は自分自身で決めることができますが、その分自己負担になるので毎月無理なく支払っていける金額でなくてはいけません。また口座管理料なども自分で負担することになります。

基本的に60歳までお金をおろすことができません。またその人の年収によっても確定拠出年金の上限額が変わるため、事前にいくら拠出できるか調べるのをおすすめします。

自営業者や家族は上限68,000円、会社員は12,000円・20,000円・23,000円のいずれかになります。公務員は12,000円、専業主婦は23,000円です。納付方法にも違いがあり、会社員や公務員は給料天引きもしくは、銀行口座振替になります。自営業者や家族・専業主婦は口座振替です。

また、個人型確定拠出年金では、掛け金が「全額所得控除」になり年末調整や確定申告で申請し還付金として受け取ることもできます。

確定拠出年金の企業型(DC)

企業型確定拠出年金は、会社に勤めている人が対象となります。一定の決まったルールに基づきお金を拠出するもので、企業がその掛け金を負担しています。会社は確定拠出年金で支払った掛け金を「損金」として処理できる仕組みになっています。

会社の退職制度の枠のなかにある制度で、退職時にまとまったお金を受けとることになり、老後のお金として使用することもできます。企業にとっては従業員の為に将来の退職金を作ることを目的としている場合もあり、強制加入にはなりますが自己負担金がないという点では大きなメリットになります。企業によって掛け金の金額を従業員一律にしているところ、給与の金額に応じて掛け金を変えるところ、また両者を組み合わせたものなどがあります。

企業型確定拠出年金では基本は会社が掛け金を負担しますが、なかには従業員が一部の負担金を支払うケースもあります。これを“マッチング拠出”などと呼ぶこともあります。

ちなみに個人型確定拠出年金と企業型確定拠出年金を併用することもできます。2017年1月に行われた法改正によって、いずれも加入できるようになりました。ただし、勤めている企業が併用を認めている必要があります。併用を認めている場合でないとできませんので気をつけてくださいね。マッチング拠出については、個人型確定拠出年金と併用はできません

制度改正が比較的新しいので、なかにはこの改革に対応していない企業も多く、必ずしもできるとは限りません。

まとめ

確定拠出年金は企業型と個人型の2種類があり、それぞれ加入できる条件が異なります。

まずは自分はどちらを利用できるのかを確認し、そのうえで上限額を設定してから確定拠出年金の運用を始めるようにしてくださいね。