【Google翻訳】ブラウザ版とスマホ版の違いとオフライン時の注意点

スポンサーリンク
Google

無料で使える翻訳アプリのなかでも、特に高い機能が期待されているのが「Google翻訳」ではないでしょうか。Googleが提供しているだけでも十分に期待できるサービスなのがわかりますが、無料でここまでの機能が使える翻訳機はなかなかありません。Google翻訳について詳しく説明していきますね。

Google翻訳とは?

Google翻訳はPCなどで使うブラウザ版と、スマホのアプリ版があります。ブラウザ版はビジネスなどで使う機会が多いかもしれませんが、テキストやURLを入力することによって1ページまるごと翻訳してくれるのでとても便利です。

さらにスマホではもっと便利な機能を兼ね揃えていると定評があります。例えばテキストで入力しても手書きでも音声でも翻訳してくれるのはもちろん、リアルタイムカメラや写真などの画像からの翻訳にも対応しています。

カメラを通すだけで外国語が日本語になるなど、不思議な体験ができると思います。なんだかSFチックな未来感のある嬉しい機能ですよね。また翻訳したい場所を一部に指定して調べることもできます。

他にも通訳のような役割を担う会話機能もついていて、自分だけの会話ではなく相手の会話もリアルタイムで翻訳してくれます。英語を知らなくても会話が自然と成り立つので、有料の翻訳機を使う必要もなくなります。

Google翻訳はオフラインでは使えない

Google翻訳はとても便利な機能ですが、オンライン限定の機能になり通信環境のないオフラインでは利用できないサービスになります。旅行時に使用するときなど、Wi-Fiを持っていれば別ですが、道案内が必要なときに使えない事態も出てきてしまいます。

ただし一部の機能はオフラインで使えるものもあります。例えばリアルタイムカメラなどもその一つで、外国語をカメラに通して見ると翻訳できるので、一時的なしのぎ程度であれば問題なく利用できるんのではないでしょうか。

通信環境を用意しておくか、限られた機能でも翻訳できるように使いこなすことが大切です。

まとめ

Google翻訳は無料とは思えないほど便利なサービスです。まさによく考えたなと思えるぐらい、欲しい機能を一通り揃えています。スマホ版になるとより便利な機能がたくさん搭載されていますので、英語をしゃべられなくても読めないときでも使える便利な機能です。海外のお客様とやりとりしたりお話をするときにも使えますので、道を聞かれたときなどこれからちょっとしたときにも試してみてはいかがでしょうか。