Googleキーワードプランナー

スポンサーリンク
Google

こんにちは、たけぞーです。

昨日に引き続き、Google便利機能の紹介です。

Googleキーワードプランナーといえば、2018年に大きなリニューアルが行われたこともあり気になっている人もいるのではないでしょうか。SEOをして集客や売上に繋げたいと考えている人であればGoogleキーワードプランナーは使いこなしておきたいものです。そもそもGoogleキーワードプランナーとはどのようなものなのか?使いかたから説明します。

Googleキーワードプランナーとは?

Googleでは広告を配信している人に対して情報収集の効率化を目的として、Googleキーワードプランナーを提供しています。これは調査対象としているキーワードの検索ボリュームや関連性のあるキーワードを気軽に調べる便利機能になります。

競合性の高いキーワードなのか、サービスの指標を数多く集めることでWEBマーケティングに必要な知識を収集することができます。GoogleのアカウントとGoogle広告アカウントの両方を持っていないと、このサービスを使用することはできません。

Google広告は検索したときに一番上に表示されるものになり、少額から始められることもあり人気のサービスです。

Googleキーワードプランナーでできること

Googleキーワードプランナーにはこんな便利な機能があります。

まずはよく使われる必ず把握しておきたいサービスです。

1. 平均検索ボリューム:対象のキーワードが月にどのぐらい検索されているのかを意味する指標になり、一番重要なものです。数字が大きいとユーザーの注目が集まっていることがわかり、ニーズの高いサイトであることがわかります。無料の場合はざっくりとした数値になり広告費を払うと詳しく表示されるようになります。
2. 競合性:対象キーワードで広告を出したと過程して、競合制の度合いを表したものになります。「高・中・低」の三段階で表示されるようになり、並び替えることもできます。ライバルの多さを把握した上で考える必要があります。競合性が高い場合は広告費を払って1ページ目に表示させている可能性が高いことがわかります。
3. 関連キーワード:検索したキーワードとの関連性が高いキーワードを表示してくれるものになり、ユーザーからの需要が高いキーワードを調べることができます。
4. 入札単価:対象キーワードで広告出稿を行った場合の広告費用のことを指します。入札単価が高いと収益につながりやすいキーワードであることがわかります。入札単価が1000円の場合、広告を1回クリックする度に1000円かかるということになります。

まとめ

GoogleキーワードプランナーでWEB集客に繋がるキーワードを探してみてくださいね!

使いこなすとこれほどに便利な機能はありません。