【Googleキーワードプランナー】効果的なキーワードを探す方法

スポンサーリンク
Google

ブログやサイトの集客を考えるときに、キーワードの選定を支援してくれる便利なツールといえば「Googleキーワードプランナー」です。大切なキーワードの選定から間違えてしまうと、思うように集客できなくなったり結果の出ないサイトになってしまいます。今回はそんなGoogleキーワードプランナーで効果的な、キーワードを見つける方法を掘り下げて紹介していきます。

Googleキーワードプランナーを使いこなそう

Googleキーワードプランナーで「キーワードを検索」を選択すると、ビジネスに関連する単語や関連フレーズ、URLなどのキーワードから検索をかけることができます。Googleが持っている膨大なデータベースから関連するキーワードを抽出してくれるすぐれものです。

直接的に関わるキーワードだけではなく関連性の高いキーワードでも調べることができ、候補を探し出すこともできます。記事のURLからも探せるので組み合わせ方次第で、他のサイトではない面白いキーワードを探すこともできます。検索についてはいろいろ試してみた上で、「これだ!」と思えるキーワードを探すようにしてください。

Googleキーワードプランナーで効果的なキーワードを探す方法

検索したキーワードの一覧が表示されたら上から順番に関連性の高いキーワードになります。そのため上から順番にどんなキーワードがあるのかを見ていきます。

1.平均検索ボリューム:同じキーワードで検索している人がどのぐらいいるのかを平均値として出したものです。
2.入札価格:広告を出す企業がそのキーワードで出す予算です。
3.競合性:広告プレースメント(広告を表示できる場所)の競合値を表しています。

できるだけ競合がおらず、検索ボリュームの多いキーワードを探すのがポイントなのですが、完全に一致しているものは難しく関連性のあるキーワードの中から探し出すようにします。

キーワードを探す前にまずはあなたのサイトの商品やサービスでどんなキーワードが考えられるのか一覧にして洗い出してみることからはじめてみてください。ユーザーをイメージできないサイトは集客には繋がりません。

まとめ

Googleキーワードプランナーを使えばなかなか思いつかなかったキーワードの中から、集客に繋がるようなものを探し出せるかもしれません。もちろん時間もかかるかもしれませんが、事前にしっかりとユーザーを絞りサービスや商品にあったキーワードの選定や抽出ができているかも重要なポイントになりますので、まずは使いこなしてみてくださいね。