【Googleサーチコンソール】応用編の紹介とアナリティクスとの連携

スポンサーリンク
Google

Googleの検索結果による、サイトのパフォーマンスを監視したり管理をする無料ツールといえば「Googleサーチコンソール」です。SEO対策を考える上で欠かせないツールになるのですが、今回はGoogleサーチコンソールの機能の応用編としてもっと活かす方法を紹介していきたいと思います。

Googleサーチコンソールはこんな応用編もある

Googleサーチコンソールでは実はこんな応用編的な使い方もあります。例えば、あなたのサイトのページの中にどのぐらいの内部リンクの数があるのか把握できていますか?対策をしたはいいけど何がなんだかわからなくなってしまっている人もいるかもしれません。検索トラフィックの中にある内部リンクを選択すると、重要なページの中にどのぐらいのリンクがあるのかを一目瞭然に表示してくれます。

また、サイトリンクで表示したくないリンクが上位にきてしまっている場合は、順位を下げるなどの調整を行うこともあります。他にもGoogleからのペナルティなどのメッセージを確認したり、Googleのクロールが発見したタイトルのタグの問題やインデックス不可のコンテンツなどの問題をよりわかりやすく明確に表示してくれるので、対策が簡単にでき問題を早期に解決することにも繋がります。

GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスを連携させる

Googleサーチコンソール単体で使っても問題ないのですが、目的を達成するためにも連携してしまったほうがサイトの管理も簡単になります。方法はGoogleアナリティクスの「集客」のなかにある「Search Console」で連携の設定をするだけです。

まずはGoogleアナリティクスにアクセスします。あとは下記の手順に従って操作を進めてください。

①集客→②Search Console→③検索クエリ→④Search Consoleのデータの共有の設定⑤Search Consoleを調整→⑥編集→⑦連携させたいドメインにチェックを入れて保存→⑧「新しい関連付けを保存しようとしています」と出るので「OK」を選択

手順は決して難しいものではありませんし、サイトの多方面からの分析ができるようになります。連携したほうが結果につなげやすいのでサイト運営をするなら欠かせないものだと思います。

まとめ

Googleサーチコンソールにはまだまだ便利な機能がたくさんあります。一つ一つ焦らず使いこなすことでサイトの分析や解説がもっと簡単になりますし、集客などの問題も明確化しやすくなります。最初は聞き慣れない言葉ばかりで戸惑うこともあるかもしれませんが、焦らずにしっかりと設定し分析していきましょう。サイトに起きている問題や改善点がわかりやすいのはメリットになるはずです。