【リスティング広告】リスティング広告のやり方とメリット・デメリット

リスティング広告

インターネットで検索した誰もが一度は見たことがある「リスティング広告」ですが、「検索連動型広告」とも呼ばれ、集客には欠かせない方法として知られています。サイトの集客方法としてリスティング広告を出してみたい!とは思っている人もいるのではないでしょうか?

リスティング広告とはなにか?、またメリット・デメリットも含めご紹介します。

リスティング広告のやり方

リスティング広告とは、Yahoo!やGoogle専用のサービスになり、検索されたキーワードに応じて、検索結果に表示させる広告です。

あなたがキーワードを検索したときに、トップに「広告」と呼ばれるページを見たことはありませんか?なかには下部に広告ラベル付きで表示されることもあります。これらはYahooやGoogleにお金を払って検索結果に表示しているのです。

リスティング広告は基本的に検索結果に表示するのが一般的ですが、なかにはWEBサイトのコンテンツ内に連動した広告もあります。リスティング広告は、月額1,000円程度から誰でも即日出稿でき、広告文や内容なども自分で決めて掲載できます。

リスティング広告のメリット・デメリット

リスティングの広告のメリット・デメリットについて紹介します。

メリット

  • リスティング広告のメリットとして「即効性」があります。インターネットでは他にもユーザーを集客する方法がありますが、最もリスティング広告が自分のサイトに迅速に集客できるといわれています。そのためターゲットに対して効率的にアプローチができる分、即効性を重視したい人には最適です。
  • 誰でも簡単にアカウントを発行できるので、規模の小さなサービスであっても効果的に広告を出すことができます。さらに、リスティング広告は自分でコントロールできるメリットもあります。設定にもそれほど時間がかからないので、比較的早い段階で成果が見込めるはずです。
  • 表示させるリンク先を自由に設定したり、リンクを表示させるかさせないなどの選択も自由に設定できます。また、リスティング広告ではデータを分析しサイトの改善に繋げることもできます。例えば「広告が表示された回数」「クリック回数」などを考慮しながら、費用対効果を出し運用方法を見直すことが可能です。

デメリット

  • リスティング広告のデメリットとして「費用がかかること」があります。広告関係を行うためにはサービスを利用しなくてはいけないので、常にコストが発生します。Google広告やYahoo!プロモーションは基本的に「クリック課金性」を導入しているので、クリックされるたびに料金が上積みされてしまいます。費用として“クリック単価×クリックされた広告”で決まります。
  • 広告料金の設定は、入札形式(オークション)で行われるものもあります。最低入札価格1円~9999円以上の入札が必要になり、検索数の多いキーワードで広告ランクが高いほど値段も高くなります。ちなみに、リスティング広告では1日のクリックあたりの料金の上限額を自分で決め自由に設定できます。

サイトを運営する上でできるだけコストをかけたくない…と考えている人には不向きかもしれません。ただし、事業を大きくしたいと思うのであれば広告は必要です。ただし広告全般にいえることですが、広告ラベルの表示があるだけでユーザーのなかには敬遠してしまう人がいるのも事実です。

まとめ

リスティング広告は、あなたが自分で調整しながら広告を効果的に運用できます。その分費用もかかりますが、できるだけ早く集客し結果を出したいと考えているのであれば、リスティング広告はおすすめです。

Yahoo!プロモーションやGoogle広告それぞれのメリット・デメリットを比較したうえで、リスティング広告を検討してみてください。近頃は自動運用ツールなども登場していますので、効率化を図りたい人は是非試してみてくださいね。