【リスティング広告】リスティング広告の費用と代理店について解説!

リスティング広告

リスティング広告を始めてみたいな~とは思っていても、どのぐらいの費用を用意したらいいのか分からず悩んでしまうこともあると思います。

費用がかかるのはわかっていてもどのぐらいを予算に組み込んだらいいのか?、またかかる広告費用の目安など、事前に把握しておきたいものです。

リスティング広告の費用や代理店についてわかりやすく解説します。

リスティング広告の費用

リスティング広告費用は「クリック課金型」となります。ユーザーがクリックすると費用が発生する仕組みになるのですが、どんな商品やサービスに対して広告を出したいのか、市場規模はどのぐらいなのかによっても単価が変わります。

単価の相場が高いほど、まとまった広告費用がかかってきます。同じクリック数でも平均単価が高いとその分広告にかかる費用が高くなるので注意が必要です。リスティング広告の広告費用の目安として30万円程度はかかると思っていたほうがいいでしょう。

リスティング広告に初めて挑戦する人のなかには、本当に効果が出るの?と心配されているかたもいると思います。効果が出なかった場合、費用ばかりが出ていってしまい、マイナスになってしまいますね。

広告は必要とはいえリスクを最小限にしておかなくてはいけません。例えば成果が出ずにずるずると広告を続けるよりも、費用が高額になってしまいそうなときはある一定の金額になったらやめる、など撤退するポイントを決めておきます。

最初からリスティング広告がうまくいくとも限りませんし、広告費用を無駄にしないためにも一度見直して再チャレンジしたほうが、成功できる可能性もあるのです。

リスティング広告の代理店

リスティング広告を使っている人のなかには、自分で運用している場合もあれば代理店に運用を依頼している場合もあります。リスティング広告の代理店は主に「WEB広告の代理店」と呼ばれるものでWEBサイトの運用はもちろん、アカウントの見直し、目標や成果に応じた提案なども行っています。

代理店によってもどこまでお願いできるのかは変わってきますが、過去の運用実績をふまえた豊富な知識による改善や、最新の情報を活かした運用を行います。細部にわたるまでアドバイスや提案をお願いできるためサイトの見直しにもなりますし、効果的なリスティング広告の出稿にも繋がります。

その反面、広告費用以外に「運用代行手数料」がかかるので、自社で運用するよりも高額な費用がかかってしまいます。一般的に広告費の10%~20%が多いのですが、なかには固定で一律にしている代理店もあります。

一般的には、まとまった予算でないと業者に依頼しにくいと考える人も多いようです。リスティング広告を業者に依頼したいとは思っていても、なかなか依頼できないなんて声も多いです。また、代理店に依頼したからといって絶対に結果に繋がるわけではなく、その代理店が得意としている分野でないとなかなか結果が出ないなんてケースも少なくありません。

リスティング広告を代理店に依頼するかどうかは、メリット・デメリットを比較して決めることが必要です。また、代理店を決めるときは、過去の運用実績や手数料、担当者の有無なども確認して選んでください。

以下に有名代理店3社を挙げておきます。

まとめ

リスティング広告は、他の広告と比較してもそこまで高い費用ではありません。目安として30万円が平均とはいっても、商品やサービスによっても1クリック当たりの単価が変わります。

単価が高いと予算を超えてしまうこともありますので撤退ラインを決め、コンバージョン(最終的な成果)なども含め検討しておくのをおすすめします。

また代理店に依頼するときも、本当に安心して任せられる業者かどうかしっかり判断してくださいね。