【NISA】NISAとは?つみたてNISAについてもチェック!

NISA

近頃、よく聞く投資方法の一つに「NISA」があります。2014年1月にスタートしたものでTVや雑誌などでよく特集されています。NISAが気になっているものの、どんな投資方法なのかよくわかっていないなんて人もいるのではないでしょうか。

NISAとはどのようなものなのか?、またNISAの積み立てについて説明していきます。

NISAとは?

NISAの正式名称は「少額投資非課税制度」といいます。名称を見るとわかるかと思いますが、実はNISAとは投資を行う際の税金の優遇制度のことをいいます。普通は投資を行い利益が出るとその金額に対して税金が課税されますが、この制度を利用することで非課税になります。

NISAを利用すると2014年1月1日~2023年12月31日までは、年間120万円まで投資で得た利益が非課税(最長5年間)になります。税金がかからないということは、利益として得たものがそのまま丸々手元に入ることになり、投資家にとっても大きな利益になります。

NISAの対象商品は幅広く、「REIT」や「ETF」「上場株式」「株式投資信託」などが該当します。ほとんどは投資信託と呼ばれる商品なのでリスクを分散して投資を行うこともできます。NISAは事前に口座を作る必要がありますが“1人1口座”の制限があります。

この口座は証券会社や金融機関(銀行)などで開設することができます。金融機関によって取り扱うNISA商品に違いがあるので、投資をしたい商品が対象かどうか必ず確認するようにしてください。

NISA口座で投資ができるのは「合計120万円」までとされていますが、投資をする人のなかにはその程度の金額だと“思いどおりに投資ができないのでは?”と思うかもしれません。ただ投資信託などは1万円程度から購入できるものも多いので、年間120万円もあれば十分に投資ができます。またこの上限は翌年度の持ち越しができません。

例えば初年度に30万使い、残りの90万を翌年度に持ち越すことはNISAではできないので注意してくださいね。非課税期間の5年を経過した場合、商品の売却等を行います。

つみたてNISAについて

NISAにも種類がありよく耳にするのは「つみたてNISA」ではないでしょうか。少額から資産運用の支援を行うものになり「投資信託」「積み立て投資」などの運用で出た利益がNISAの非課税の対象になります。つみたてNISAの場合毎年40万円までの投資額に限り非課税です。

この非課税の期間は思っているよりも長く2018年~2037年までとされています。その間は長期で運用していても利益は非課税になるのです。将来の為に毎月少額をコツコツ貯めたい人にとって、つみたてNISAはおすすめの投資法といえるのではないでしょうか。

つみたてNISAは通常のNISAとは取り扱っている商品に大きな違いがあります。長期の資産形成を目的にしているので、それにあった投資商品を運用できます。金融庁が指定した投資信託163件(2020年1月現在)をメインに長期で運用していきます。

NISAとつみたてNISAは同じ年に両方の制度を同時に使うことはできません。そのためNISAで投資を考えているのであればいずれかを選択するようになります。非課税投資枠内では商品の買い直しができないので、一度非課税枠を使うとその期間は復活しません。

NISAのタイミングなども含めじっくり検討したうえで投資を行うようにしてくださいね。

まとめ

NISAについて説明しましたが、どのような投資方法なのかわかっていただけましたか?

同じような名前ではありますがNISAとつみたてNISAでは用途や投資できる内容が全く違います。

5年間の期間を決めて投資をしたいのか、少額からコツコツ積み立てて運用していきたいのかによっても変わります。NISAについてはどのようなものか十分に理解したうえで運用することが大切です。

非課税期間を上手に使い、将来に向けて運用していきましょう。