【note】noteの使い方とnoteのアプリについて押さえておこう!

note

あなたは「note」を知っていますか?今までにない情報発信型のシステムとして、注目されているものでもあります。今までブログを書いてきた人にとってもnoteは使い方が全く違うので戸惑っている人もいるかもしれません。

クリエイターにとっても押さえておきたいサービスになり、コンテンツを有料化して収益に繋げることもできます。

今注目のnoteについてわかりやすく説明していきたいと思います。

noteの使い方

「つくる、つながる、とどける」をコンセプトに展開しているnoteは、文章・イラスト・動画・音楽・画像などを自分のコンテンツとして投稿し、販売できるプラットフォームのことです。

noteとして作ったものは、ブログのように無料で不特定多数の人が閲覧することもできますし、有料にして購入した人のみにだけ閲覧する方法もあります。販売価格は自分で決められるため、「この情報を無料で提供するのはもったいないな…」なんて人にとっては収益化できるメリットもあります。

100円~10,000円(税込)で価格を設定し決済手数料の10%を差し引いた金額が受け取ることのできる金額です。決済方法によって決済手数料が変わるので注意が必要です。また、売上金額が1,000円以上になると銀行口座へ振込してくれます。(毎月25日までに口座の登録と振り込み申請を行っている場合は末営業日の振り込みとなり、決済手数料・プラットフォーム手数料を引いた金額が振り込まれます。)

noteには5つの形式が用意されています。

  1. 「トーク」
    短い文章や写真を投稿し、フォロワーと会話を楽しむものです。SNSに近い感覚で発信ができるのでコミュニティの場としても最適です。
  2. 「イメージ」
    写真やイラストを投稿し無料で公開したり、販売することもできます。旅行先で撮影した写真や、流行のお店に行ったときの写真などなんでもOKです。
  3. 「テキスト」
    記事を作成し無料、もしくは有料で公開します。
  4. 「サウンド」
    あなたが作成したオリジナルの音楽を多くの人に公開し、販売することもできます。
  5. 「ムービー」
    You TubeやVimeoなどと手軽に連携でき、動画を投稿して使います。

また、これらのnoteをまとめることを「マガジン」といいます。作品が多くなってきたときに無料と有料のもので分けたり、カテゴリの整理をすることもできます。

自分の作った作品だけでなく、他の人のnoteをまとめてメディア化することもでき、多様な可能性を秘めているといっても過言ではありません。

フォロー機能もあるのでお気に入りのnoteを見逃すことなくチェックできるメリットなどもあります。Noteの内容が増えてきたらあなただけのマガジンを作ってみるのも楽しいかもしれません。

 

あなたが得意なことをnoteで公開し、多くの人に見てもらったり、収益化できると考えるとなかなかおもしろいサービスですね。

noteのアプリ

noteはPCからも操作ができますが、どこでも場所にとらわれることなく好きなタイミングでnoteのコンテンツを作成できるように専用のアプリもリリースされています。無料なのでダウンロードするだけで使えますし、SNSにちょっと飽きてきたな…なんて人にとっても新しい感覚で楽しめるのではないでしょうか。

シンプルな使い勝手なのでnote初心者であっても問題なく操作できます。ただ画面構成がちょっと違うので慣れるまでは少し投稿に時間がかかるかもしれません。文章・写真・イラストなどPC版と同じ用に、コンテンツを投稿したり閲覧し有料で販売できるのはもちろんのこと、スマホならではのより便利な機能も使えます。

一例としてスマホのアプリで録音した音源を投稿できたり、また写真などをもっと気軽に投稿できるようになりました。PCにデータをアップしてから投稿するのは手間がかかる…なんて人にとってもスマホのアプリの存在は大きいのではないでしょうか。

他にもクリエイターの更新を随時チェックしたりでき、お気に入りのクリエイターとフォローし出会うきっかけにもなります。

 

iPhoneとAndroidの両方でリリースされていますので、ほとんどのスマホでnoteが楽しめます。noteを通していろいろな人と繋がれますし、専門的な知識がなくても操作でき新しい感覚で楽しめるのがnoteの魅力です。

ただPC版に慣れていた人は、画面が小さい分不便さもありますので自分にあった方法を選んでみるといいかもしれません。PC版もアプリ版も投稿する目的や内容によって、使い分けてみてもいいのではないでしょうか。

note(ノート)
note(ノート)
開発元:Piece of Cake, Inc.
無料
posted withアプリーチ

まとめ

まずは基本となるnoteの使い方やアプリについて説明しました。誰でも自由に気軽に作品が投稿できる分、SNSの延長線上のような感覚で楽しめるのではないでしょうか。文章だけでなく、動画や写真・音楽など幅広い内容をコンテンツにできるので、得意分野を活かして発信することもできます。

次第にあなたのファンが増えフォロワーが増えていき、noteから何か形にできたらいいですよね。使い方に慣れるまでは戸惑うこともあると思いますが、まずは挑戦してみることで可能性が広がるはずです。

PC版とアプリ版の両方を試しながらnoteを使ってみてくださいね。