【note】noteでブログはできる?noteを収益化するコツも解説!

note

文章や音楽・映像などさまざまなコンテンツを投稿し共有したり、有料化できる「note」は、今までにないサービスなのもあり、注目している人も多いのではないでしょうか。

そんなnoteでブログを始めてみようかな?なんて人もいるかもしれません。

ただnoteは収益化できるとはいえ、どうしたら売上に繋げられるのか戸惑っている人もいますよね。noteでブログを収益化する為のポイントやコツについて説明していきます。

noteでブログはできる?

今までWordPressなどブログを作った経験のある人のなかには、“noteでブログができるのか挑戦してみたい!”なんて思っている人もいるのではないでしょうか。まず、noteでブログの運営ができるかですが、問題なくできるといえます。

noteには文章を書いて投稿する機能がありますし、無料で公開し不特定多数の人に読んでもらうこともできます。そのため文章が好きな人にとっても、noteはとても魅力的なサービスに映るのではないでしょうか。

初心者にとっても優しいシンプルなユーザーインターフェースになり、まっさらの投稿画面に自分の好きな文章を入力するだけです。書いた文章をボタンひとつでTwitterで拡散することもできます。

ブログの多くが専門的な知識がないと操作できないことを考えると視覚的に設定ができるnoteはシンプルだからこそ使いやすいともいえます。

noteはSNSに近い機能もあるので、ただブログを作っただけのWordPressよりも多くの人に見てもらえるチャンスがあります。その点、更新しがいもあり結果を求める人にとってもnoteは楽しい機能といえるのではないでしょうか。

また、noteの最大の特徴でもある有料販売の選択ができることも、ブログとの大きな違いだと思います。“無料で公開するのはちょっともったいないなー。”なんて情報を有料にして販売することもできます。

ただしnoteはブログ専用のサービスと比較すると「エディエター」の機能が少なく、ブログを装飾して楽しみたい人にとっては物足りなさを感じてしまうこともあります。noteでできるエディターは、見出しの設置や中央寄せ、太字や引用などの基本的なものばかりです。

装飾を好まない人にとってはこれでも十分だなと実感できますが、アメブロのようにnoteを使いたいと思っているのであれば、noteは物足りなく感じます。

また、noteはSEO対策については弱い傾向があり、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンからユーザーの集客が難しい点もあります。

noteを収益化するコツ

noteを使ってブログをしている人のなかでも、収益化できている人もいればそうでない人もいます。なかにはどうやったら収益化できるのか伸び悩んでいる人もいるかもしれません。

どうしたらnoteを収益化できるのか、そのためのコツを紹介します。

思わず共感できる記事を作る

noteはキュレーションサイトなどと違い、主にその人のパーソナルな記事だったり思わず「なるほど!」と共感したくなるような記事を投稿したほうが読まれる傾向にあります。

キュレーションサイトとはIT用語で「特定のテーマに絞った情報を整理したサイト」のこと。一般的に「まとめサイト」とも呼ばれるように、ひとつのサイトにあらゆる情報がすでにまとまっているため、膨大なネット上から自分で地道に調べていくよりも効率よく必要な情報を得られるという点で、ユーザーに人気のサイトです。

引用元:PINTO!

例えば小説やポエムを作ったり、自分の経験談を語る内容など、他の記事とは違う自身のオリジナリティーを前面に出したコンテンツを作ると、多くの人に読まれやすい傾向にあります。

また収益化するためのノウハウをまとめた記事なども読まれやすく、有料化しても結果が出しやすい傾向にあります。ただインターネットに載っているような情報をまとめた記事ではなく、結果を出している独自のノウハウが好まれます。

最初は記事記事の価格を安く設定する

有料化するときの価格は自分で自由に設定できるので、せっかくなら最初から高く設定したいと思っている人もいるかもしれません。

noteで実績を作るまでは、100円、300円、500円などの手頃な価格からスタートして、実際に自分が提供する記事がどのぐらい売れるのか、どんな感想を持ってもらえるのかを確認し、ある程度人気が出たら値上げするほうが賢明です。

また集客のために「本日限定特売!」などのセール文で集客する方法もあります。「本日限り」とか「10名限定」などの謳い文句があると、つい買ってしまう経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

記事の書き方の基本をマスターする

noteを収益化するために、記事の書き方の基本を学ぶようにします。

例えば記事の導入文でターゲットを絞った書き出しができているかどうか、目次を作ったり何について書かれているのかすぐにわかるような文章構成にするなどの工夫が必要です。

1つの文章を長くしすぎず、適度に文章を区切りながらもバランスよく余白を入れていき、スクロールして読みやすいコンテンツに仕上げるのがおすすめです。記事の書き方をマスターすると、読んでもらいやすい作品になります。

note(ノート)
note(ノート)
開発元:Piece of Cake, Inc.
無料
posted withアプリーチ

まとめ

noteにはブログを作成したり、コンテンツを有料化することで収益に繋げる方法があります。

自分のノウハウや知識を活かした、思わずシェアしたくなるような記事を作ることで多くの人に読んでもらうきっかけになります。

内容だけでなく読みやすさも意識しつつ、noteに挑戦してみてくださいね。