【不動産投資】不動産投資とは?不動産投資の覚えておきたい3つのリスク

不動産投資

誰でも夢のような不労所得に憧れる人も多いのではないでしょうか。なかでも「不動産投資」に興味を持って、色々調べている人もいると思います。

そもそも不動産投資とはどのようなものなのか?また、具体的にはどんなリスクがあるのかについて詳しく解説していきます。

不動産投資とは?

不動産投資とは、利益を得る為に何らかの不動産物件を購入することをいいます。例えば物件を購入して価値が上がったタイミングで売却して差額を利益として受け取る場合もそうですし、アパートやマンションを購入して毎月家賃収入を得ることも不動産投資です。

一般的には後者の家賃収入がメインになり、利便性が良い需要の高い土地などの知名度が高いエリアで不動産投資をすると、安定した収益が期待できます。分譲マンションの1室を貸し出す「ワンルーム投資」や、戸建てや集合住宅を貸し出す「一棟買い投資」などもあります。

①ワンルーム投資

不動産投資のなかでも比較的はじめやすく特に首都圏は流動性も高いので次の入居者が決まりやすい特徴があります。ただし、一戸あたりの賃貸収入からマンションの修繕費や管理費を支払わなくてはいけないので、手元に入るお金は少なくなってしまいます。

②一棟買い投資

アパートをまるまる購入して各部屋を入居希望者に貸し出し賃料を得る方法になります。資金はある程度まとまった金額が必要になります。部屋数が多い分多数の入居希望者に貸し出せるので、満室状態になれば収入源としては十分なものでしょう。ただし空室が目立つようになると、経営が難しくなってしまうこともあります。
新築にするのか中古にするのかによっても違いがあり、中古は初期費用を抑えてリターンをできるだけ大きくしたい人に最適です。規模が大きくなればなるほど高額な収益も期待できますが、購入代金や維持費なども高くなります。

不動産投資の場合、投資する人の職業だったり年収・勤続年数などの条件によって、金融機関からの融資額が変わります。そもそも投資する物件によっても違うので、条件によってはまとまった資金がなくても不動産投資をスタートできる場合もあるのです。

不動産投資の覚えておきたい3つのリスク

物件を持っているだけで毎月賃料が入ってくる不動産投資ですが、もちろんリスクの面も考えておかなくてはいけません。まず先程も簡単に説明しましたが「空室のリスク」、それに「災害のリスク」、「金利の変動リスク」は忘れてはいけません。

①空室のリスク

最も課題と言われるもので、投資物件を購入しても入居希望者がいなければ毎月の賃料が入ってきません。金融機関から融資を受けている場合、この賃料がないと毎月の返済が滞ってしまうリスクもあります。
物件を選ぶときに価格だけではなく長期的に見て、入居者が途切れにくい物件かどうかを判断しなくてはいけないのです。

②災害のリスク

保有している物件が地震や水害・火災などの被害にあってしまうこともあります。特に中古で購入するなど建物が古く木造の場合は倒壊などのリスクも考えなくてはいけません。特に日本は災害の多い国なので、もしものときに備えたリスク対策や、地震に強い物件選びを心掛ける必要があります。

③金利の変動リスク

銀行から融資を受けている場合は必ずついて回るリスクです。固定金利を選択していれば、大きく変わることはありません。ただし変動金利の場合は返済額が増えてしまい、負債額が多くなってしまうこともあります。借り入れは無理のない金額で行うことがとても重要です。

まとめ

不動産投資とはどんなもので、どんなリスクがあるのかについて説明しました。

不労所得としても最適ですが、それなりのリスクがあることも把握したうえで投資に挑戦するようにしてくださいね。