【おすすめ書籍~お金編~】お金について学びたいときにおすすめの4選!

スポンサーリンク
おすすめ商品

将来に備えて少しでもお金を増やしておきたい!と先々に不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。稼げるお金には限りがあるわけで、金融商品や投資などお金を動かして増やす努力をすることが大切です。

将来のお金に不安がある人にこそ読んで欲しい、おすすめの書籍をご紹介します。

『図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』山崎元、大橋弘祐

お金のことについて学びたいけど、そもそも基本から学ばないとよくわからないですよね。専門用語が少なくあっという間にお金の基礎についてしっかりと学べる本です。まさに本のタイトル通りといえるのではないでしょうか。

「素人であっても年間プラス5%ぐらいの運用なら目指せる」など、具体的な数字にしてくれているのでわかりやすいのもポイントです。定期預金よりはマシな運用方法だったり、日本経済は将来どうなるのか?ネット証券とは?など今更聞けないことがたくさん載っているので本当に勉強になります。

「1万円の投資でどれだけ可能性があるのか」など、勉強になることの宝庫です。年金と確定拠出年金など今知りたいことがすべて詰まっている本です。若い世代向けとは思わずに一度読んでみるとお金の動きや考え方がわかるはずですよ。

『図解 山崎元のお金に強くなる!』山崎元

わかりやすい説明で有名な山崎さんが図解付きでお金についてリアルに教えてくれる本です。ソフトカバーの薄い本なのであっという間に読めて、お金についての知識が驚くほど入ってきます。

山崎さん自身は金融機関に務めているのにこんなに教えていいの?と思ってしまうほどの情報がたくさん詰まっています。

「生命保険はいらいない」、「入門用の投資商品などない」、「銀行員と会ってはいけない」など驚くほどの内容が書かれていて面白い本ですよ。

イラストも多いので難しく理解しにくいお金の話を楽しく学べる本だと思います。お金の心配をしない人生を送るために役立つノウハウを一人でも多くの読者にお届けするのを目指しているそうです。運用についても学べるので、今までよくわからないからと諦めていた人にもおすすめします。

『たった7日で株とチャートの達人になる!改訂版』ダイヤモンド・ザイ編集部

投資信託や株、FXなど市場をもとに動く投資ではチャート分析は欠かせません。

でも専門用語も多すぎて頭に入ってこない…なんて人も多いのでは?

チャートを見れば見るほど眠くなるなんて人もいるかもしれません。この本はたった7日間の短い間でチャートの達人になれる本です。

また毎日少しずつ読み続けるだけでチャートが学べるのは初心者にとっても嬉しいですね。イラストも多くてわかりやすいのでしっかりと理解できます。

『改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学』ロバート・キヨサキ

ロバート・キヨサキ氏の世界的ベストセラーです。この本は、貧乏父さんと金持ち父さんのお金についての考え方やお金の使い方を学べます。両者を比較しながらお金持ちになるにはどうしたらいいのかを学べる本です。

「貧乏人はますます貧乏になり、中流家庭は借金の返済に追われる」「金持ちはますます金持ちになっていく」など、それぞれどうして?の答えを出してくれます。モデルとなったのは実際に著者のお父さんで、一流の大学を出て年収も高く裕福な人です。

ただ晩年はローンに追われる生活になったのだとか…。お金の常識を変える衝撃の内容が書かれています。

まとめ

お金について学びたいときにおすすめの本4選です。本を通しお金についてのわからないことを解消していき、お金の活かし方を学んでみましょう。

面白いと思えればあなたも充実した老後を過ごせる優雅な人生が待っているかもしれませんね。