【おすすめ書籍~起業編~】たったこれだけ?少額から起業するための3冊の必須本

おすすめ商品

本業をしながら起業について勉強したいと思っている人も多いのではないでしょうか。でも会社員をしていると、日々の勤務の他にも勤務時間以外に会社のイベントや付き合いなどで拘束されて時間が取れない…なんて人も多いと思います。

そんなあなたに限られた時間や資金でもできる起業方法が載っている、良書をご紹介していきます。諦める前にまずは一度本を読んで、モチベーションを高めてみませんか。

『1万円起業』クリス・ギレボー

まず、本の題名に惹かれて購入する人も多いのではないでしょうか。本業だけでなく片手間ではじめても十分に収入を稼ぐ為の方法がかかれている本でもあります。資金がなく起業なんて夢のまた夢と思っている人でも、たった1万円があれば起業できるということを教えてくれます。

本を読んでみると自分の得意なこと、好きなことを活かして起業した人たちの実体験がたくさん載っています。そのためただ知識だけをまとめた本とは違い、より身近に感じられる本でもあります。

2015年に初版が発行されてから、10万部のベストセラーになってしまいます。貯金がなくても会社を辞めなくても起業ができますし、主婦でも起業ができることを教えてくれます。アイデアをビジネスに活かすのはあなたが考えているよりも簡単なことかもしれませんよ。

『働きながら小さく始めて大きく稼ぐ0円起業』有薗隼人

起業のポイントは今の仕事を辞めずに働きながら、リスクを抑えて小さくはじめることを教えてくれる本です。起業が流行っているといっても「具体的に何をしたらいいのか?」「起業なんて自分にはできないのでは…。」と思っていませんか。

起業は誰にでもできることであり、大げさに考え過ぎることはありません。この本はタイトルにある通り0円起業を現実化しています。中に載っているアフィリエイトであっても、仕入れ費用がなくできるのでリスクを最小限におさえることもできます。

「0円起業とはどうやって始めるのか?」そのための情報格差や、経済格差、地域格差などについても紹介してくれます。起業をスタートするのが楽しみになる、おすすめの本です。

0円起業のヒントがたくさん詰まっています。

『リスクゼロで小さく起業 会社を辞めずに「あと5万円! 」稼ぐ』新井一

起業でもリスクをゼロに近づけてスタートすることの大切さやポイントを学べる本です。会社を辞めずにあと5万円が安定的に稼げたらどう思うでしょうか。

あなたはお金にならないと思っているものが、実は他人にとっては価値のあるものになる場合もあるのです。例えば早起きが得意だとか、声を褒められたことがある、などちょっとしたところにヒントがあります。

また、インターネットを使ったビジネスも多数紹介されてますので、「自分でも何か始められるかもしれない。」と思っていただけたら幸いです。

まとめ

「副業や起業を考えていても資金がないからできない。」「リスクを考えるとなかなか挑戦できない。」なんて人もいるかもしれません。

でも本当にリスクになるかどうかは、あなた自身の考え方一つで変わることです。時間は限りあるものですので、ちょっとした時間に学んでみませんか。