【クラウドサービス】基本事項の説明とメリット・デメリット

スポンサーリンク
クラウドサービス

インターネットの普及に伴い「クラウドサービス」の名前を耳にする機会も増えましたね。なんとなく名前は知っているものの具体的にどのようなサービスなのか知らない人も多いのではないでしょうか。

なかにはクラウドのマークである「雲」をイメージする人も多く、より伝わりにくくなってしまっています。クラウドサービスとはどのようなサービスなのか、詳しく解説していきます。

クラウドサービスとは?

クラウドとは、コンピューターの利用形態の一つとして考えられています。ネットワークに接続されたコンピューターが提供しているサービスを、ネットワークを通じてPCやスマホなどで使っています。

クラウドの最大の特徴が、所在地を意識せずに使っているところにあるのではないでしょうか。わかりやすく例えるのであれば、雲のなかにあるコンピューターを全く別の場所、例えば地上から操作しているようなイメージといえばわかりやすいでしょうか。

今までのインターネットはPCの中にあるソフトウェアなどを使って操作していましたが、クラウドサービスにはデータをサービスとして使用できるため場所が特定できなくても問題なく利用できるのです。誰もが使っているWEBメールもクラウドサービスになり、近頃できたサービスのように思われがちですが、実は昔からある身近なサービスの一つなのです。

クラウドサービスメリット・デメリット

クラウドサービスのメリットには、ネットワークを介することで場所を問わずに使えることにあると思います。またあくまでも利用するものなのでハードウェアの購入を行う必要がなく、導入時の初期設定なども必要が有りません。

定期的にかかる保守費用や運用費用などもかからないので、コストの削減に繋がります。またクラウドサービスには性能のアップグレードやメンテナンスもサービスの一環になり、利用者の負担削減にも繋がります。

ただしクラウドサービスは通信環境がないと利用できないサービスなのが、デメリットでしょう。また、サービス側からデータが流出する危険性も考えて、企業の機密データや個人情報を預ける際には十分な注意が必要です。

まとめ

クラウドサービスは実はとても身近な場所にあり、便利なサービスの一つです。大切なデータの保管先としても使えますし、重いデータの共有に使用することもあります。クラウドサービスは安心して使えるものを選び、日頃の業務に取り入れてみてくださいね。

たけぞー
たけぞー

クラウド=雲を連想するように、クラウドサービスとは「どこかよく分からない場所にサービスを提供してくれるところがあって、私たちは離れた場所からそれを利用している」という意味です。