【Cocoon】導入後に設定してほしい4つのコトとSEO設定について

スポンサーリンク
Cocoon

ワードプレスで無料テーマのCocoonを導入する人もいると思います。テーマの決定版としても名高いことでも知られ、ワードプレスでブログを運営するために必要なすべての機能が揃っているとも言われています。ワードプレスのテーマで迷ったときはCocoonにしておけば問題ないともいえるレベルです。そんなCocoonを導入したら絶対に設定しておきたい点について紹介します。

Cocoonを導入したら設定しておいて欲しいこと

1.Googleアドセンスの表示設定
Cocoonを使う最大のメリットとも言われているのが、Googleアドセンスです。事前に広告コードの欄にGoogleアドセンスのタグを付けてしまえば、あとはチェックを入れるだけで広告を表示してくれるので余計な手間がかかりません。自動広告についても煩わしい設定がないのはとても便利ですね。
2.アクセス解析
Googleアナリティクス・Googleサーチコンソールの設定のこと。アクセス解析に関する設定ができます。SEO対策やサイトにどの程度ユーザーが訪問しているのか、今後何を改善したらユーザーが増えるのかなどの分析ができます。
3.SNSフォロー
SNSフォローボタンのリンクを自分のプロフィールから設定し指定できます。ブログの運営をあなた一人ではなく複数人で運営しているときに使える便利機能です。会社で運営しているブログにはとても助かる機能です。
4.ウィジェット機能
Cocoonにはたくさんのウィジェットエリアが用意されています。カスタマイズなどの知識がなくても、自由自在にウィジェットを配置することができます。そもそもウィジェットの数が詳細に分類されているのも嬉しい点なのですが、使わないものを編集して非表示にするなどの機能もついています。

CocoonのSEOは上級者向けの設定

Cocoonが使いやすいテーマではありますが、タブ内のSEOは上級者向けの設定になっています。ある程度知識がある人なら編集してもいいと思いますが、SEOについては専門的な知識を持っていない人は触らずそのままにしておくのをおすすめします。「カテゴリページの2ページ目以降をnoindexとする」などの設定にチェックが入っており、ページを適切に表示することでSEO対策にも有効になります。

たけぞー
たけぞー

私もCocoonのSEO設定はタイトルをいれるくらいで、あとは特にいじってません。

がんばってメタディスクリプションを入れても適用されず自動生成されることもあるので。

まとめ

Cocoonはカスタマイズがしやすく、解説ページが充実していますので使い方で悩んだときにも安心して使用できます。基本的な操作方法だけでなくブログを運営するうえで知っておきたい知識についても学ぶことができ、ノウハウも身につきます。収益化に関するすべてのことが詰まっているCocoon。あなたもCocoonでブログを始めてみませんか?

たけぞー
たけぞー

Cocoonは本当に素晴らしいテーマです。

また上記以外の特徴として、プラグインなしで使用できるいろんな機能がデフォルトで入っていて、入れすぎによる表示速度の低下を防ぐことができます。

コメント