【WIX(ウィックス)】無料ホームページ作成ツールの説明とメリット・デメリット

スポンサーリンク
WIX

無料ホームページ作成ツールのなかでも、年々利用者を増やしているのが「WIX(ウィックス)」です。2012年に日本語版がリリースされてからWIXを使ったHPも見かけるようになり、気になっている人もいるのではないでしょうか。

WIXとはどのようなサービスになるのか、メリット・デメリットについても紹介します。

WIXとは?

2006年にイスラエルで設立された企業によって作られました。HTML/CSSなどの専門的な知識や技術がなくても誰でもHPを作成できるサービスになり、リリースされてから世界中に利用者が増えています。

クラウド型のCMSサービスで、パズル感覚でHP作りができることも人気の理由の一つです。初心者であっても簡単にプロのようなHP作成ができるので、今まで難しいから…と諦めていた人でも気軽に挑戦できるのです。

HPから直接お問い合わせを受けることもできますし、掲示板やチャット機能も追加できるので高品質なHPがあっという間に作成できるのです。

WIXのメリット・デメリットとは?

WIXのメリット・デメリットについて説明したいと思います。

WIXのメリット

メールアドレスさえあれば無料でHP作成ができることにあります。お試しがてらサービスを利用してみて、WIXで問題ないと判断してから本格的なHPを作成することもできます。
最初から費用が発生するHPではコスト面の不安もありますが、WIXならそれらの心配もありません。またWIXはHPのデザインプレートの種類も豊富なので、業種ごとによって好きなテンプレートを選びおしゃれなHP作成ができます。
また硬度な技術が必要なアニメーションの機能もありますし、画像を組みわせて動画のように見せることもでき、動きのあるHPがどこよりも簡単に作れるのもWIXのメリットだといえるでしょう。

WIXのデメリット

一からHPを自分で作っていかなくてはいけないので完成までに時間がかかってしまうことも注意しなくてはいけません。ツールの使い方を覚えてそのうえでコンテンツや構成を考えてとなると時間もかかります。
また、一度設定したテンプレートの変更ができないこと、困ったときにサポートがないのでもしビジネスとして集客に使うのであれば、有料版にしておくとデメリットの解消になります。

まとめ

WIXは無料からお試しがてらHPを作成してみたい!そんな人にとっても嬉しいサービスです。まずは試しに無料版から試してみて有料版にグレードアップしてもいいと思います。