派遣社員について

スポンサーリンク
仕事

こんにちは、たけぞーです。だいぶ春らしくなってきましたね。春本番まであと少しです。頑張っていきましょう(^^)

さて、今日は私も行っている派遣についてお話ししようと思います。

派遣社員とは?

派遣会社に登録し、他の企業に派遣されて労働に当たる労働者のことを指します。雇用主と派遣先が違う間接雇用となるのが大きな特徴です。業務上の命令、指示等は派遣先の企業から受けることになります。社会保障は正社員と同様に受けられますが、給料と同様に派遣会社からの受け取りとなります。現在派遣社員は日本に130万人いると言われています。

派遣のメリット

①時給が高い。

②待遇、希望勤務地等を多数の候補から選べる。

③いろんな職種の経験を積める。

派遣社員の時給の全国平均は1300円と言われてます。これはパート、アルバイトの時給と比べると明らかに高いです。徳島は田舎なので全国平均より安いですね。ちなみに私もやってるリフトマンは最低でも時給1000円はあります。待遇、希望勤務地も自分の好きなものの中から選べます。複数の候補があり、時給が同じくらいなら自宅からの距離、交通費の額で決めてしまうこともあります。現在私は製造業元に派遣されてますが、「未経験者可」というところも多いので、気が変わればまた他のところに移るかもしれません。

派遣のデメリット

①自分が希望しても契約更改が行われない場合がある。

②就業3年ルールがある。

③ボーナスがない。

いくら自分に続ける意志があっても、企業側がいらないと言えば、そこで契約は終了となります。自身の能力、勤務態度に問題がなくても、企業の業績悪化のために契約が更改されないこともあります。双方の合意があってこそ契約は結ばれるものです。また、2015年9月の労働者派遣法において、同一就業先への就業期間の上限が最長3年と定められました。その後は企業への直接雇用か別の就業先への派遣か、大きく分けて2つの選択肢があります。あと、ボーナスがないのも痛いですね。まあ最初から分かっていることですが…。

まとめ

派遣は時給が高い反面、いろいろな制約があります。重責がない代わりに、決定権もありません。それを良しと捉えるかどうかですね。「自分にはどのような職種が合っているか、いろんな仕事を経験して決める。」という方には派遣は向いていると思います。

私はアフィリエイターとして独り立ちするために、正社員を辞めて派遣社員をしています。自分の夢のために時給の良い派遣を選んでいるだけです。決して派遣が好きなわけではありません(笑)これから派遣業に就かれる方は、派遣業を渡り歩く「派遣貧乏」にだけはならないでください。お金も貯まりませんし、いいことないですよ。仕事は自分の将来の夢と相談しながら決めてくださいね。

では、また(^.^)/~~~