【ライティング】ライティングは副業にできる?大切な3つのコツとは?

アフィリエイト

空いた時間を有効活用して、本業のかたわら副業に挑戦してみたい!と思っている人もいるのではないでしょうか。特にPCを使った副業なら時間にとらわれることなく自宅にいながら仕事ができますし、気軽にスタートできるメリットもあります。

なかでもWEBコンテンツやブログなどの「ライティング」に興味を持っている人もいるのではないでしょうか。ライティングを副業にするにはどうしたらいいのか?、またライティングに大切な3つのコツについても解説していきます。

ライティングを副業にできる?

ライティングとは「記事を作成すること」です。アメブロやラインブログ、ライブドアブログなどのブログ記事を作成したり、広告やアフィリエイトなどの商品を紹介したりと幅広い仕事があります。

ライティングをする人をライターと呼びますが、「ライターってなるのが難しそう」と思ってしまう人もいるかもしれません。ライティングに専門的な資格はありませんし、なかにはWEB上でやりとりから納品のすべてを完結でき、人と会うことなくできるものも数多くあります。

経験者採用を優先している企業もありますが、初心者歓迎の仕事も多いので未経験であっても副業としてライティングに挑戦することができます。ただし、当然ながら経験者と未経験者で報酬面に大きな違いがあります。

ライティングを副業にする場合、クラウドソーシングなどを利用して仕事を探すのが一般的です。クラウドソーシングの多くが初心者は1文字0.2~0.3円などの厳しい条件をお受けているケースが多いです。まずはお金を稼ぐと考えるのではなく、ライティングのスキルを磨くために安価で引き受け、経験を積むと考えたほうがいいでしょう。

ライティングの経験を積んでいくと、報酬額の高い案件などの話ももらえるようになります。ライティングで安定的な報酬を得るなら実績を積み、起業や団体などの専属ライターになるのをおすすめします。

ライティングの大切な3つコツとは?

ライティングといってもとても幅が広く、どんな記事を作成するのかによってもコツやポイントが変わります。なかには言葉や文章が思いつかなくなってしまい作業が進まないなんて悩んでいる人もいます。私の考える一般的なライティングの3つのコツをあげてみました。

構成(見出し)を最初に作る

文章を書くのが苦手な人のなかには、インターネットで調べた情報をただ入力してしまうだけ人もいます。文章を羅列すればいいのではなく、読み手にとって読みやすく起承転結を意識した記事を作ることも大切です。

構成を先に作ると書きたいことが整理でき、ライティングのスピードアップにも繋がります。手間がかかるように思うかもしれませんが先に見出しを作って進めていきましょう。

誤字脱字、表記ゆれに注意

ライティングでは誤字脱字のないようにチェックし、読みやすい文章を心がけることが重要です。どんなに専門的な文章を作成していても誤字脱字の多いコンテンツを信用しようと思うでしょうか?ダブルチェックや、Wordの校閲などを利用して誤字脱字のチェックを忘れないようにしてくださいね。

また、表記ゆれにも注意が必要です。表現がばらけると読みにくい文章になってしまいます。誰が読んでも読みやすい文章を作成するのはライティングの基本です。

表記ゆれ(ひょうきゆれ)とは、ある言語の文字表記において、ある単語が2通り以上の書き方をされることにより、表記にばらつきが生じることである。表記揺れとも称す。

引用元:『ウィキペディア(Wikipedia)』

自分らしさを忘れない

企業から依頼されたライティングなどはマニュアルを元に記事作成を行います。でも自分でコンテンツを作るときは自分らしさを意識したライティングも必要です。これだけたくさんのサイトがあるなかで、自分らしさがないと埋もれてしまいます。

自分の色を出し、Googleの検索エンジンから好かれるようなオリジナル性の高いコンテンツを目指したいですね。

まとめ

ライティングに限らず、副業を始めるなら、一つ一つの仕事に真剣に向き合うことも必要です。副業とはいっても依頼を受けて仕事をする以上、責任を持った仕事ができるようにしましょう。

また、ライティングでは他社のサイトのコピーなど著作権に違反することは厳禁ですので注意してくださいね。