【AMP】モバイルページを高速表示させるための手法。メリット&デメリットもチェック!

スポンサーリンク
AMP

Googleが推奨している機能の一つに「AMP」があります。そういえば近頃Googleで検索をするときに雷のようなマークがついていて、以前から気になっていたという人も多いのではないでしょうか。

ユーザーにとっても選ばれるサイトを作るためにも必ず抑えておきたい、AMPについて説明します。

AMPとは?

AMPとは、「AMP(Accelerated Mobile Pages)」の略称です。Googleが推奨しているもので、モバイルページを高速表示させるための手法のことを指します。もともと2015年10月にモバイルユーザーの体験向上を目的として、オープンソースプロジェクトが立ち上がりました。

当時はプロジェクトの名前として認知されていましたが、2016年10月になってからトップニュースの枠内に留まらず検索結果でも取り入れられるようになりました。検索上位のサイトを見るとほぼこの雷マークがついていることも珍しくありません。

AMPはクリックして瞬間的に表示されるかどうかの施策になります。クリックしてから時間がかかるサイトはユーザーのストレスにもなりますし、なかなか表示されないと別のサイトに移動してしまいますよね?

AMPはこういったユーザーを減らすことにも繋がります。年々導入している幅が広がっていますので、これからサイトを運営するのであればAMPは必須の対策の一つともいえます。

AMPのメリット&デメリット

AMPのメリットとして検索順位を高めたりクリック率を高めることにあります。また特定の検索機能向けにマークアップしたものを公開することで検索流入を新しい範囲に広げることにも繋がります。検索ユーザーにクリックしてもらいやすいのは、AMPを導入する最大のメリットでもあると思います。

ただしデメリットもあり、AMPを取り入れる分運用の手間がかかってしまったり、うまく設定できておらずAMP化されていると思っていたらできていなかったなんてことも…。AMPは、検索スニペットに表示されていた部分が出なくなってしまうので、一時的にユーザー数が減ってしまうこともあります。

AMP導入の前にメリット・デメリットも把握しておきましょう。

まとめ

AMPは、少し専門的な内容になるのでわかりにくいかもしれませんが、ユーザーがサイトを使いやすく便利にするための対策です。クリックしてから表示されるまでの時間が短いほどユーザーにとっては使いやすく、利用しやすいサイトになります。

AMP対策は今後も需要が広がっていきますので、早めに対策しておきましょう。

たけぞー
たけぞー

WordPressで運用しているサイトであれば、AMPプラグインを使用すれば簡単に設定できます。

当サイトのAMP対策は『Cocoon』を導入することで解決済みです。