【クリック階層】クリック階層の解説と最適な階層数を紹介します!

スポンサーリンク
クリック階層

SEO対策において特に重要だと考えられているのが「クリック階層」です。

パソコンやITの専門的な用語はわかりにくいと思っている人もいるのではないでしょうか。サイトのトップページから何ページ目で目的の記事に到達できるのかを表したものをクリック階層といいます。

どうしてSEO対策にも影響するのか?詳しくご紹介していきます。

クリック階層とは?

クリック階層とは、トップページから何クリックでお目当てのページに到着するのかを表したものです。あなたがユーザーの立場になったときに、見たいページまで何回もクリックしなくてはいけないとなると、わざわざ探す手間もかかりますし、途中で見るのが嫌になってしまうこともあるでしょう。なかには別のサイトに移動してしまう人もいるかもしれません。

そのぐらい、サイトの見やすさや使いやすさはユーザーの気持ちに影響します。

1クリックですぐに移動できるページを「1階層」、2クリックで移動できるページを「2階層」、とクリックする回数によって階層が下がっていきます。サイトによっては5階層・6階層などに重要なページを設置している場合もあるかもしれません。

クリック階層の最適な階層数は?

クリック階層でSEO対策を考えるのであれば3クリック、「3階層」までに、すべてのページに飛べるように設定しておのをおすすめします。

これはWEB業界の常識のように言われているルールでもあるのですが、実は根拠があるものではないと言われています。でも階層が多くなりすぎると、見づらいのは間違いありません。なかには2クリックが最適だと考える声もあります。

サイトによっては階層が多くなってしまう場合もあります。リンクを設置するなどすぐに飛べる工夫が行われていれば問題ありませが、トップページにリンクをたくさん貼りすぎてはユーザーが混乱してしまい、本当に伝えたいことが伝えられなくなってしまう危険性もあります。

ユーザーの立場になって考えると、本当に必要なことが明確になりどんなサイトが求められるのかがわかるようになりますね。

まとめ

クリック階層については対策を考えている人もいれば、なんとなくしか考えていない人もいます。

そもそも検索したときにどうしてそのサイトがページの上位に表示されるのか考えたことはありますか?それは、少ないクリック数ですべてのページへ到達できるよう各リンクが貼られている、つまりSEO対策ができているからこそなのです。

一度クリック階層について見直してみることも大切です。