【クローラー】クローラーの役割と巡回しやすくするための対策

スポンサーリンク
クローラー

SEO対策を行ううえで必ずおさえておきたいのが「クローラー」の存在です。Googleなどの検索エンジンのデータベースに登録されていないと、どんなに質のいいサイトを作ったとしても検索結果に表示されることはありません。そのサイトの情報を収集するロボット(プログラム)をクローラーと呼びます。基礎的なことでもあり今更聞きにくい、クローラーについて説明していきます。

クローラーの役割とは?

クローラーとは、別名「検索ロボット」などと呼ばれることもあり、インターネットで繋がっているWEBサイトの情報を収集してデータベースに保管する役割があります。クローラーはとても優秀なので、インターネット上にある情報をできるだけ多く収集しようとしますが、制作されたばかりのWEBサイトだとなかなか見つけることができません。

そのため、WEBサイト上でクローラーにページを探してもらいやすくするための工夫が必要です。ちなみにクローラーにはさまざまな種類があり、Googleのクローラーを「Googlebot」といいます。

マイクロソフトが運営しているクローラー「bingbot」やYahooのクローラー「Yahoo Slurp」などもありますが、日本の検索エンジンの9割はGoogleが占めていますので、Googlebotを意識していれば、クローラー対策ができているといっても問題ありません。

クローラーが巡回しやすくするための対策

クローラーがサイト内を巡回して、見つけてもらいやすくする為の対策を「クローラビリティ」といます。クローラーは人間ではないのでWEBサイト内に表示されている画像を見たりテキストの行間を正しく判断することはできません。

ではクローラーが何をしているのかというと、サイト内にあるHTMLなどの情報を読んで解析してどのようなサイトなのかを構造から理解します。そのため巡回したときに構成をわかりやすく伝えるための道案内「パンくずリスト」を設定したり、階層の浅いサイトにしてコンテンツの重要性を見直す「ディレクトリ構造」を修正するなど、クローラーが巡回しやすい環境を整えてあげることが大切です。

また、Googleには記事の更新をGoogle検索エンジンに知らせる「Googleサーチコンソール」もありますので、更新後はすぐにインデックス登録をリクエストするといいでしょう。

まとめ

クローラーにサイトを知ってもらうためにも、巡回しやすいわかりやすい構造にすることが重要です。クローラーに見つけてもらえなければ順位が上がることもありませんし、多くのユーザーにサイトを見つけてもらうのも難しくなります。SEO対策でも欠かせないクローラー対策は忘れずに!