【CSS】デザインや見栄えを決める役割と3つの要素

スポンサーリンク
CSS

サイトを作るときに「CSS」という名前を聞いたことはありませんか。文章に関わる技術的なものであるのは知っているけど、具体的にはどんな意味があるのか?使い方など知らない人も多いのではないでしょうか。今回は誰でもわかりやすくCSSについて説明していきます。今更聞けずに困っている人は必見です!

CSSとは?

Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)の頭文字を取ったものです。WEBのページスタイルを指定するための言語になります。別名「スタイルシート」と呼ばれることもあります。

音声の読み上げなどの設定に用いることもありますが、WEBサイトで一番多いのはサイトの見た目に関する指定です。例えば「デザイン」や「レイアウト」など文字や画像の大きさ・色などの指定も行います。

サイトのデザインを決めるHTMLと呼ばれるものが、見出しやヘッダなどの文章構造に関わるものですが、CSSはデザインや見栄えを決める大切な役割をしています。

表示されているサイトがすべてCSSが取り入れられているわけではないのですが、CSSが適用されているかどうかは見ただけでもすぐにわかりますし、CSSが適用されていると視覚的にもきれいなサイトになります。見やすいページを作る為にもCSSは大切です。

CSSの書き方はどうしたらいい?

CSSはどうやって書いたらいいのか説明していきます。HTMLよりも書き方はとてもシンプルで簡単なので、初心者であっても覚えられると思います。無料ブログ・サイトなどはこのCSSがもともと搭載されていて、簡単な手順でできる場合が多いので知識が必要なくCSSと同じ効果が使えるものもあります。

CSSを覚えるためには「3つの要素」を把握する必要があります。どのHTMLタグの見栄えを調整するのかを「セレクタ」といい、スタイルを行う範囲を表示しています。デザインの内容を決める実行する内容を「プロパティ」、その程度を示すのを「」といいます。

CSSの基本はHTMLタグの何をどうしたいのかを記述していきます。プロパティには「Color(文字の色)」や「background(背景の指定)」「font-family(フォントの種類)」「border(ボーダーの色や太さを指定する)」などさまざまな設定ができます。

まとめ

CSSは最初は難しく感じるかもしれませんが、その仕組みに慣れてしまえば誰でも簡単にできます。何度も調整していきながらサイトのCSSを正しく行い、見た目の美しいサイトにするようにしてくださいね。ユーザーにとってもサイトのデザインや見やすさの工夫がしっかりとできていると、集客に繋がるサイトになります。

たけぞー
たけぞー

ちなみに、当サイトでも記事カテゴリー、グローバルメニュー、見出し、サイドバーにCSSを追加してカスタマイズしてます。

デフォルトよりもだいぶ見栄えがよくなって、とても満足してます♪