【ディレクトリ階層】ディレクトリとはフォルダのこと。ディレクトリ階層の最適化はSEO対策に繋がる

スポンサーリンク
ディレクトリ階層

昔からパソコンやIT用語として使われている名簿を「ディレクトリ」といいます。少しわかりにくいのですが、実はフォルダと同じものを指します。一般的に使われるのはフォルダですが、コンピューター全般の用語としてディレクトリと呼んでいます。

そのフォルダに階層構造をつけたものを「ディレクトリ階層」といいます。

ディレクトリとはフォルダのこと

パソコン内には膨大なデータが内蔵されており、そのデータをわかりやすくするためにフォルダによって階層分けが行われています。例えば大きなフォルダのなかにはまた別のフォルダが入っていて、上位下位に分類しそれがいくつもある構造でできています。

上位ディレクトリのなかには、下位ディレクトリが格納されるようにできており、そのなかには個別のファイルが含まれていたり、もっと下位になるディレクトリが格納されるようにできています。この関係性もあって、親ディレクトリ>子ディレクトリ>孫ディレクトリと段階で呼ぶこともあります。

これを階層構造もしくは、ツリー構造とも呼びパソコンの基本的な構造としても認識されています。ディレクトリ階層が成立していないとデータがどこにあるのか探すのも難しくなり、パソコンの作業効率も悪くなってしまいます。

この階層構造になんらかの不調や故障が出てしまうと、「ディレクトリ名が無効です」などのエラーが表示されます。

現在ではディレクトリと呼ばれるよりもフォルダのほうが一般的です。

ディレクトリ階層の最適化はSEO対策に繋がる

WEBサイトでは、サイトを公開するためにサーバーにファイルをアップロードする必要があるのですが、この構造のことをディレクトリ構造ともいいます。ディレクトリ構造がしっかりとしていると、サイトの管理がしやすくなりトラブルの回避にも繋がります。

また、構造が最適化されていないと、Googleのクローラーがたどり着けずいつまで経っても評価されないサイトになってしまいます。特に伝えたいことや重要なことが深い階層にある場合、ディレクトリを最適化することによって認識されやすくなる効果が期待できるのです。

そのためSEO対策においてもディレクトリ階層はとても重要なものだと考えられており、最適化することによってサイトがどんなテーマで運営されているのかが明確になるのです。

まとめ

ディレクトリ階層というとわかりにくいのですが簡単にいえば、フォルダを分類分けし整理することです。

SEO対策にも繋がりますしサイトを運営する上で欠かせません。