【サイト表示速度】サイト表示速度の重要性と確認する方法

スポンサーリンク
サイト表示速度

ホームページにアクセスしたときに、サイトのページが表示される速さを「サイト表示速度」といいます。問題なく表示されればいいのでは?と思っているかもしれませんが、サイト表示速度はコンバーションやSEO対策にも影響すると言われる、とても重要なポイントです。

SEO対策で重要視される表示速度とはどのようなものなのかを詳しく説明します。

サイト表示速度の重要性

あなたはサイトを閲覧するときに読み込みの速度が遅かったり、止まってしまったりと動作環境にストレスを感じたことはありませんか。2018年7月にGoogleは「モバイル検索の検索順位要素としてページ表示速度を使用する」制度を導入し、ページの表示速度はSEOに影響することを公表しました。

実際にユーザーの約50%は2秒以内のページ表示を期待し、3秒以上かかると40%のユーザーが離脱するとも言われています。サイトの表示速度は検索で上位に表示させるためにも欠かせないものであり、早急に見直すべきことでもあるのです。

どんなに優良で読みやすいサイトだとしても、サイト表示速度が遅いとそれだけでユーザーから選ばれないサイトになってしまうのです。被リンクの獲得にも影響しますし、離脱率を上げないためにもサイト表示速度を早急に見直すようにしてください。

サイト表示速度を確認する方法

実際に自分が運営しているサイトが、どのぐらいのサイト表示速度になるのか気になりますよね。「Google PageSpeed Insights」や「Test my site」を使えば、無料でサイト表示速度を調べられます。

Google PageSpeed InsightsはGoogleから提供されているツールの一つになり、サイトを100点満点で評価し改善するためのポイントを教えてくれます。一般的にサイト全体を見直すのは時間も手間もかかりますが、Google PageSpeed Insightsは修正するべき場所だけが効率よく分かるようになってます。

Test my siteもGoogleが提供しているツールになり、ユーザーの離脱率や他のサイトの平均速度と比較するなど幅広く検索ができます。モバイルフレンドリー対応なのかどうかも調べられるので、とても役立ちます。

まとめ

サイト表示速度はユーザーの満足度を高め、離脱率を下げ、SEO対策にも繋がる方法です。

実際にユーザー側の視点になって使ってみると、ページの表示に時間がかかるとストレスを感じてしまったり、別のサイトに移動してしまうのではないでしょうか。サイト表示速度を改善するためにも無料ツールで調べて、改善点を明確にしていきましょう。

サイトのリピーターを増やすためにも積極的に対応していきましょうね。