HTML

スポンサーリンク
HTML

こんにちは、たけぞーです。

今日も用語について紹介したいと思います。

「HTML」(Hyper Text Markup Language)という言葉はよく聞きますが、よくわからず、また、使用したこともなくずっとインターネットに携わっている人もおられると思います。

「HTML」は、ホームページを作ろうともしなければ、「HTML」があることで助かっている、そして必要なものだと認識し難いものです。

ですが、私たちの生活においてコンピュータがなくてはならない存在であるからには、この「HTML」という存在がどんなものなのか?を少しだけでも頭にいれておきたいものです。

では、「HTML」を知る前に次の言葉を理解しておきましょう。

「ハイパーテキスト」・「マークアップ」・「ランゲージ」それぞれの意味

・「ハイパーテキスト」(Hyper Text):「通常の機能をはるかに超えたテキスト」の意味です。文書を読んでいる途中でも文書内の、とある語句から別の文書に関連付けるのですが、これをハイパーリンク(あるいは単にリンク)、その機能をもつ文書は「ハイバーテキスト」と呼ばれます。
・「マークアップ」(Markup):文書の見出しや段落をわかりやすくする目印です。
・「ランゲージ」(Language):通常用いる「言語」というより、上記のマークアップをどのようなルールで用いるか?という決まり事の意味です。
これらが、難しい!複雑!と言われる「HTML」に必須内容として関わってきています。

「HTML」の約束事

「HTML」は、世界中の文書と繋がり、有益な情報として関連付け、その有益情報をコンピュータで分析する役割を担っています。

私たちは、情報を得たいときにパソコン等で検索しますが、それもコンピュータのプログラムがハイパーテキストの「リンク」という機能をたどり世界中の文書収集を行い、その構造の分析や管理を行っているからに他ありません。

つまり、このようなことからもわかるように、「HTML」が約束事を守って作成されていなければ、いくらサーチエンジンによる検索を行っても何の意味もなさないのです。

様々な要素をコンピュータが理解できるように「マークアップ」していく決まり事が「HTML」の「ランゲージ」であり、そこで初めて「ハイパーテキスト」が生きて私たちの検索機能を高めるために役立ってくれるのです。

つまり「HTML」は、コンピュータで分析できるようにする役割をもつ、「文法上の約束」という機能をもつネットワークになくてはならない貴重な存在なのです。