【HTML】マークアップ言語の定義と基本的な3種類のタグ

スポンサーリンク
HTML

現在ほとんどのインターネットサイトで使用されている「HTML」ですが、名前は聞いたことがあるもののどんな機能があり、なぜインターネットに必要なのか理解していない人もいると思います。今回は意外と知らないHTMLの基本知識について紹介します。初心者でもわかりやすく説明していきますので、是非参考にしてくださいね。

HTMLとは?

正式な名前は「Hyper Text Markup Language」といい、WEBページを作るための、もっとも基本的な“マークアップ言語”です。私達が日頃絡めにしているHPを作っているのがHTMLになります。

HPのページのソースを表示させると英語がズラッと並ぶ一覧になって表示されます。これらのコードをソースコードと呼びその正体こそがHTMLタグと呼ばれるものです。基本的に<>で囲まれたものになり、開始タグと終わりのタグに分かれています。<>は基本的に半角文字にて入力します。<タグ名></タグ名>で1セットです。

これがブラウザで読み込まれることによってWEBページが構成され完成していきます。ソースコードを変えればHPの文章デザインやレイアウトの変更にも繋がりますし、構成を決める為にもとても重要な役割をしています。HTMLファイルを作るためには「.html」の拡張子をつけると、コンピューターが認識してくれるようになります。

HTMLにはどんな種類があるの?

一言にHTMLといってもタグには種類があります。これからWEBサイトを作ったり編集したいと考えているのであれば、基本的なタグについては把握しておくのをおすすめします。数あるHTMLでも以下のものは外せません。

1.HTML文章<html>-</html>
この文章はHTML文章ですよと宣言するためのタグです。
2.見出しを作る<h1>-<h6>
文章の見出しを作るときに使うタグで、その中にある部分は自然と強調されます。タグの数字によって見出しの大きさが変わり、一番大きいのが<h1>タグです。基本的にタグは大きなもの<h1>→<h2>と順番に使います。
3.リストを作成<ul>・<li>
順序が定まっていないリストを作成するタグです。メニューを形成するために役立つものになります。<ul>はリスト全体を表すのに対して<li>が項目を作成すると考えるとわかりやすいと思います。

まとめ

HTMLというと難しいものだと思ってしまう人もいるのですが、その使い方や基本的な知識を抑えておけば初心者であっても十分にタグを設置することができます。最初は試しながら入れていき、プレビュー等で確認しタグが問題なく表示されているのかを確認します。最初は簡単なものから少しずつ上級者向けもできるようになりましょうね。