【モバイルファースト】本当の意味とレスポンシブデザインの重要性

スポンサーリンク
モバイルファースト

今はPCだけでなくスマホでインターネットを見る人も増えましたね。スマホからの流入は約7割あると言われてます。そのため「モバイルファースト」の対策を取り入れるWEBサイトも増え、一般的なものとしても知られるようになりました。このような時代の変化に合わせて制作をしていくことはとても大切なことです。そんなモバイルファーストについて分かりやすく説明していきます。

モバイルファーストとは?

モバイル端末を使うお客様の視点に立ち、ストレスなく利用してもらう。

という意味になります。なかにはモバイルファーストをスマホ向けのサイトを優先的に制作したり公開するものと勘違いしている人もいるのですが、本当の意味はこちらです。

PCとスマホではそもそもの画面の大きさが違いますよね。近頃はスマホでインターネットを閲覧する人が多い中、PCを同じ画面の大きさで考えて作ってしまうとサイトが見づらくなってしまいます。

例えば文章をダラダラと連ねるよりも2桁~3桁ごとに行間を空けたり、スマホでも読みやすい文章を心掛けるなどの対策も必要です。またモバイルファーストを考えたときに、必要のない文章があれば思いきって省いてしまってもいいと思います。

必要な情報が伝われば、それこそ最小限の情報でも問題がないのです。

もちろんPCでの見やすさも重要ですし、両者にとってメリットのあるサイトである必要があります。どちらからアクセスしても、最適な環境を用意することこそ、最善のユーザーファーストだと言えるのです。

モバイルファーストはレスポンシブデザインを使う

スマホ対策の最善の対応といえば「レスポンシブデザイン」です。この対策ができているサイトは、モバイルファーストが導入されたとしても、順位の変動などの影響を受けることはないと言われています。

レスポンシブデザインを適用していれば問題なくクリアできる部分になります。また、Googleのモバイルフレンドリーテストツールを使うと、自分のサイトのデザインが最適化されているのかどうか、簡単にチェックすることもできます。

自分のサイトの状態を確認したいときは、一度試してみてくださいね。

たけぞー
たけぞー

Googleからモバイルフレンドリーと認められたサイトはSEOの評価も高くなります。

まとめ

モバイルファーストの本来の意味合いを間違えてしまっている人もいると思います。今はPCよりもスマホからインターネットを閲覧する機会が増えている時代ですので、スマホから見ても操作性の使いづらさのないように、デザイン等を見直す必要があります。Googleもモバイルファーストを優先していることもあり、早々に見直して欲しいポイントだといえるのではないでしょうか。