【秘密保持契約(NDA)】基本的な説明と秘密保持契約の内容確認の重要性

スポンサーリンク
用語集

企業等で取引を行ううえで必要になるものといえば「秘密保持契約(NDA)」ではないでしょうか。自分たちを守るためにも情報の漏洩を防ぐためにも覚えておかなくてはならないものです。

秘密保持契約(NDA)の目的や、ポイントについても説明します。

秘密保持契約(NDA)とは?

Non-disclosure agreementの略称になり“守秘義務契約”と呼ばれることもあります。自分の会社のさまざまな情報を相手の企業に提供するときに、外部に漏洩させないための契約をいいます。

例えば開示した情報を取引以外の目的に使用したり、他者への漏洩や開示を禁止するなど、管理を義務付けるものになります。そもそも企業によって秘密保持を受ける側にとっては、得た情報を幅広く利用したいと思うものですが、開示している側にとっては利用する目的は明確にしておきたいというのが本音ですよね。

それぞれの立場によって秘密保持契約についての考え方は変わります。また秘密保持契約については、取引が終了したあとも継続になる可能性が高いのでこの点は注意が必要です。

秘密保持契約の内容確認の重要性

事前に契約を結んでおき、どの項目がその対象になるのかを明確に提示する必要があります。認識の内容に違いがあると、なにかトラブルが起きてしまったときに、言った言わない問題になってしまうこともあります。

そもそも秘密保持の項目については、抽象的な文言で表示されることが多いのでよりわかりにくいと感じるかもしれません。なかには秘密保持契約の中身を良く読まずに契約してしまったなんて人もいるかもしれません。

秘密保持契約のなかには自分にとって不利な内容が紛れてしまっていることもあり、自分たちの首を締める結果になってしまうことも少なくありません。また秘密保持契約を結んでから当の本人が認識しているだけでなく、社員にも周知させておく必要があります。

その際は、社員に対してどういった契約なのかを噛み砕いて説明する必要があり、ただ提示しただけでは正しく秘密保持契約が守られない可能性もあります。

まとめ

秘密保持契約について契約を結ぶ側になることもあれば、提示する側になることもあると思います。どういった内容の契約なのかをしっかりと認知していることは大切なことですし、そのうえで自分が契約した内容がどのようなものになるのかをしっかりと把握しておきましょう。

情報の漏洩は会社の信用問題にもなりますので十分に注意してくださいね。