【レスポンシブデザイン】デバイスの画面サイズに依存しない手法。メリット、デメリットも踏まえて導入を!

スポンサーリンク
レスポンシブデザイン

GoogleのSEO対策を考えるのであれば、絶対に忘れてはいけないのが「レスポンシブデザイン」です。

昔からあるサイトだとこのデザインに対応していないこともありますが、スマホやタブレットを使うユーザーが増えているからこそ、取り入れるべき対策方法です。

レスポンシブデザインとは?

PC・タブレット・スマホなどのデバイスの画面サイズに依存しないサイトを作るための手法の一つです。ウィンドウの幅に合わせてどのデバイスで見ても見やすい表示に切り返すデザインになります。

以前はインターネットをPCから閲覧する人が多かったのですが、近頃はスマホやタブレットを使う人が増えています。そのためマルチデバイスの流れに対応するために行います。Googleでは2015年4月に「モバイルフレンドリーアップデート」を行ったことでも話題になりました。

モバイル対応している人の検索順位を上げたこともあって、今はレスポンシブデザインにすることもSEO対策の一つとして考えられるようになりました。レスポンシブデザインを使えば、PC用とスマホ用のサイトを別々に作る必要もありませんし、構造もシンプルでわかりやすくなります。

自動で切り替えてくれるのでサイトを管理する側としても、ユーザーとしても視覚性を高めることができます。

レスポンシブデザインのメリット&デメリットは?

レスポンシブデザインのメリットとして更新のしやすさやメンテナンスはもちろん、見やすさ使いやすさの向上、検索順位があがるなどの嬉しいメリットがたくさんあります。その反面デメリットがあるのも忘れてはいけません。

サイトの初期段階に少し手間がかかることもあり、構築費用が高額になりやすいともいわれています。デザインの種類を選択できず諦めなくてはいけないこともありますので、デザインの自由性は限られてしまいます。

またサイトが重くなることもあり、表示されるまでに時間がかかるのを不便だと感じる人も少なくありません。メリット・デメリットも踏まえて考えるようにしてくださいね。

まとめ

レスポンシブデザインは、スマホやタブレットからインターネットを見る機会の増えた現代だからこそ必要な手法の一つです。

それぞれ別々のサイトを用意しようとすると膨大な手間と時間がかかりますし、短時間でマルチデバイスに対応できるのはレスポンシブデザインならではです。

初期費用がかかるものの、長期的に考えると対応させておくべきものではないでしょうか。

たけぞー
たけぞー

当サイトで使用しているテーマ『Cocoon』は100%レスポンシブスタイルを採用していますが、完全に無料です。オススメです!