【SEO(検索エンジン最適化)】SEOの考え方とキーワードの重要性

スポンサーリンク
SEO

こんにちは、たけぞーです。

最近、いろいろな用語を勉強しています。

今日は『SEO(検索エンジン最適化)』についてです。

検索エンジン最適化を意味する「SEO」の名前を聞くことが増えたと思います。そのSEOを使って検索結果で、上位にWEBサイトを表示させることをSEO対策といいます。そもそもSEOとはどんなものなのか、SEOの目的や考え方などを説明していきます。

SEO(検索エンジン最適化)とは?

SEOは「Search Engine Optimization」を略したものになります。検索エンジンからサイトに訪れる人の数を増やして、成果を向上させるものです。例えば日本では主流のGoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索された特定のキーワードに対して、自分のWEBページを上位に表示させます。

上位にあればあるほど閲覧数が上がり集客にも嬉しい効果が期待できます。一昔前のSEO対策は被リンクをたくさん集めればGoogleからも評価されやすくなると言われていましたが、今はGoogleが目指している形にいかに近づいているかがポイントになります。Googleの基本的な理念は「全てはユーザーのため」としており10の理念があります。

ただしどのキーワードで検索されたとしてもサイトを上位にすることはできないので、自分のサイトの目的にあったキーワードで検索してもらえるように、サイトに誘導しなくてはいけません。キーワードとサイトが全く別のものになると、上位に表示されたとしても集客することはできません。

またSEOのやり方は日々変わっていますので、そのときに合わせてSEO対策を変えていく必要があります。例えばパンダアップデートなども有名ですね。

SEOはキーワード選びが重要

SEOで大切なことはこのキーワード選びになるのですが、実際にどのぐらい同じキーワードを狙ってサイトを作っている人がいるのかを調べたうえで決める必要があります。例えば検索のボリュームは多いものの競合も多いキーワードを「ビックキーワード」といいます。

検索数が多い分狙っている人の数も多く、大手がサイトを作っている可能性が高いので個人でサイトを作ってもなかなか上位を目指せません。そのため検索数は少ないけどコアな検索者を表示できる「スモールキーワード」や、2語・3語を組み合わせたキーワードを狙うなど、キーワードの設定をしっかりといかないといけません。

他にもPC用のサイトだけでなくスマホでみても操作性が変わることのない「モバイルファーストインデックス」や、「被リンク」などSEO対策の方法にはさまざまなものがあります。検索キーワードの背景を知ることで、ユーザーのニーズを読みとき検索キーワードを決めていき集客できるサイト作りこそがSEOに繋がるのです。

まとめ

サイトへの流入者は8割以上が検索エンジンからと言われています。『SEOを制する者がアフィリエイトを制する。』と言っても過言ではないでしょう。SEOは最重要かつ永遠のテーマですね!