【SEO】SEOにとって一番重要なことと今すぐに見直してほしいこと

スポンサーリンク
SEO

SEOこそ企業が取り組むべきHPの対策の一つだと考えられています。Googleのクローラーにサイトを見つけてもらうための手がかりでもあり、ユーザーを集客することにも繋がります。SEOの名前は聞いたことがあるけど、SEOは具体的にどんなことをしたらいいのか、迷っているあなたにその方法を説明していきます。

SEOで一番重要なこととは?

SEOで調べると様々な情報で溢れかえっているので、何が正しい方法なのか何から取り組めばいいのか明確な答えがわからなくなってしまいます。SEOで最も重要なことといえば「良質なコンテンツ」を作ることにあります。どうしてコンテンツが必要なの?と思うかもしれません。

なかにはとにかくたくさんのページ数を作りコンテンツの数を増やすことが効果的だと勘違いしている人もいます。良質なコンテンツとは「ユーザーにとって価値のある情報」を効率的に伝えることができます。

コンテンツの質が低かったり欲しい情報が記載されていなければ、どんなにSEO対策を行ってもサイトが上位に表示されることはありません。検索エンジンに対して認識されやすい文章にすることも重要です。

SEO対策で今すぐに見直してほしいこと

1.タグ付け…Googleから評価され上位にサイトを表示させるためには「タグ付け」も重要です。特に「h1」タグはそのページに対して1個だけ使用するのをおすすめします。h1タグからメインコンテンツを始める形式の場合、メインコンテンツの場所を検索エンジンに伝える手助けになります。h2以降のタグも重要ですがh1タグを設置してあげること、タグをつけるときは文章の構造に沿って正しく使います。
2.メタタグ…検索ユーザーに検索結果のページの内容を端的に伝えるものです。Googleにページ内を案内するような役割もあるので上位に表示しやすくなります。ページの内容を多くても120文字前後に抑えておくこと、その中にユーザーに検索してもらいやすいキーワードを含めるなどのメタタグ対策もSEOに繋がる大切なポイントです。
3.内部リンク…SEOは外部だけでなく内部対策も大切です。コンテンツのテーマ性を関連付けたり、Googleのクロールから検索してもらいやすくなります。ユーザーが検索したときに必要な情報のあるページに移動する手助けにもなります。例えばユーザーがアクセスした道筋を把握するためのパンくずリストなどもしっかりと対策しておきます。

まとめ

SEOはさまざまな対策の総称のようなもので、サイトを上位に表示させるための対策になります。サイトが上位に表示されないときは一度サイトを見直してみてください。

たけぞー
たけぞー

いくら記事数、文字数の多いサイトでも他人のサイトからコピペしていると、Googleからペナルティーを受けてしまいます。

他人のサイトの真似はせず、オリジナリティーの高いサイトを目指しましょう。