【ホワイトハットSEO】基本事項の説明と今すぐ実践できる2つのこと

スポンサーリンク
SEO

SEOというフレーズを耳にする機会が増えましたよね。HPなどのWEBサイトを作るうえで多くのユーザーに閲覧してもらい、集客するためにも重要なものです。そんなSEOのなかに「ホワイトハットSEO」と呼ばれるものがあります。その逆にブラックハットSEOも存在するのですが、今回はホワイトハットSEOから説明していきます。

ホワイトハットSEOとは?

検索エンジンのガイドラインに沿って、WEBサイトを最適化する方法を指します。例えばGoogleが公開している「検索エンジン最適化スターターガイド」に推奨されているような正統派の形でSEO対策を行うことを指します。

集客目的にとりあえず注目度の高いキーワードを意識したHPを作るのではなく、検索エンジンで検索したユーザーに対して役立つ情報を届けてくれます。ただしホワイトハットSEOについて間違えた知識を持ってしまっている人も多く、正しく実践しているはずなのに効果が実感できないという声もあります。

例えば、ホワイトハットSEOはリンクを使わずにHPを上位に表示することだと思ってしまっている人もいると思います。そもそもホワイトハットSEOはガイドラインに抵触しない方法を使いサイトを展開しながら検索エンジンの評価を高めていくものです。

リンクを使っていないから上位に上がるとは言い切れません。ホワイトハットSEOについて正しい知識をつけていないと、いつまでも評価されないHPが出来上がってしまうのです。

今すぐ実践できるホワイトハットSEOとは?

1. コンテンツテーマにあったキーワード選び
上位表示を目指す為のキーワード選びは重要です。キーワードプランナーを使いながらどんなキーワードがアクセスを集めているのか探っていきましょう。また既存のコンテンツよりも優れた内容を作らなくてはいけません。文字数やコンテンツの量・デザイン・情報の新鮮さなども徹底的に調べた上で作成するようにしましょう。
2. タイトルにロングテールキーワードを入れる
文章のタイトルにいくつキーワードが含まれていますか?それが1個だけというのであれば、かなりもったいないことをしているといえます。メインターゲットはもちろんのこと、長く集客できるロングテールキーワードを入れることによってコンテンツの公開直後からトラフィックを得られる可能性を高めておきましょう。

まとめ

ホワイトハットSEO他にもたくさんあります。やり方さえ間違えていなければ集客や購買にも繋がります。一度自分のサイトを見直してみてくださいね。

たけぞー
たけぞー

「検索エンジン最適化スターターガイド」がすべて頭の中に入っているわけではないですが、ガイドラインに抵触しない方法を常に意識して運用するように心掛けてます。