【SEO】内部対策と外部対策~それぞれの必要性と実施方法~

スポンサーリンク
SEO

SEOは今やインターネットの常識ともいえますね。検索エンジン最適化を目的にした総称のようなもので、クリック数を増やしたり検索エンジンの上位に表示させます。そんなSEOには「内部対策」と「外部対策」があります。何が違うの!?と戸惑ってしまいますよね。今回はわかっているようで知らない内部対策と外部対策について説明します。

内部対策ってなに?

サイト内部で実施するSEO対策をいいます。あなたのサイトがいかに優れているものであるのかを、Googleに伝えて評価してもらうための対策になります。自分で修正したり改善できます。

どんなにコンテンツをたくさん作っても評価してもらえなければ意味がありません。Googleのクローラがサイト内を巡回しやすくする為の道標でもあります。例えばキーワード選定、サイトマップを作成したり、カテゴリの最適化、サイト内のリンクを最適化するのはすべて内部SEOです。

ページ数を増やしたり階層を整える、Google Analyticsで状況を把握するなどもすべて内部SEOです。オリジナルのコンテンツなど内部対策をしっかりと行えば、自然と外部対策にもつながります。むしろ内部対策ができていないHPは外部対策も難しいと言われているほど、基本となるものです。

外部対策ってなに?

サイト外で実施するSEO対策をいいます。被リンクに関する対策を指し、Googleでは昔からこの被リンクを重視していますので、サイトの掲載順位を上げる為にも重要な対策です。もちろんただ数を増やすだけでは違法な方法だと判断されてしまいますので、被リンクの質も大切です。

具体的に説明するとSNSでシェアを促すボタンを設置したり、レイアウトの工夫をするのも外部対策です。必要に応じてメインサイトのリンクを作成することも。被リンクを選ぶときは自分のサイトと関連性が高いものや、運営期間が長く信用度が高いものを選ぶようにします。

最近作られたサイトよりも古いほうがGoogleからの評価も高くなるので、選ぶときの基準にしてみてくださいね。

まとめ

SEOには内部対策と外部対策があります。まず自分で調整できるのは内部SEOですので、一度サイト内を見直してしっかりと対策しておきましょう。外部対策は専門的な知識がないとできない場合もあるので、プロに任せてしまうのも一つの方法です。Googleの評価は常に変化していますのでSEO対策も最新の情報を手に入れて対策するようにしましょう。サイトが伸び悩んでいる人にこそ挑戦して欲しいのが、内部対策と外部対策です。

たけぞー
たけぞー

内部対策のSEOはある程度できているつもりですが、外部対策のSEOは本当に難しく、まだ自分でもよく分かってません。(笑)

収入が安定してきたら外注にお願いしようと思ってます。