【SSL】基本知識と多くのユーザーに求められている事実

スポンサーリンク
SSL

HPを制作するときに「SSL」というフレーズを耳にすることがあると思います。インターネットの世界には似たような単語がたくさんあるので、正直どんな意味があるのかわかっていない人もいるかもしれません。大切なデータを守りあなたの信用度を高める為にもSSLは重要なものです。今回は意外と知らないSSLについて説明します。

SSLとは?

SSLは「Secure Sockets Layer」の略称になります。インターネットのデータを暗号化するものとしても知られています。インターネット上のデータは、あなたが思っている以上に第三者によって改ざんされたり勝手に閲覧されてしまう危険性があります。

SSLが導入されているとユーザーのブラウザとサーバーの間にあるデータが暗号化されるので深刻な自体を回避することにも繋がります。万が一第三者に情報が漏れてしまったときでも、暗号化されていると内容を解読できなくなります。訪問者にとってもSSLが導入されているHPは安心して利用できます。

特にHP上で個人情報を入力する機会が増えた現代だからこそ、便利な反面個人情報など第三者に漏れたくない内容が見られてしまう危険性があるのです。近頃はSSLだけでなくTLSを使用するHPも増えていますが、両者を合わせてSSLと呼ぶ場合もあります。悪意のあるユーザーからどう情報を守るのかを考えたときにSSLは重要な存在だといえるでしょう。

SSLはユーザーの多くが求めている

SSLは多くのユーザーが求めていると言われています。近頃、大手企業であっても個人情報が流出してしまったり、フィッシング詐欺の被害も出ています。ユーザーにとって個人情報が流出してしまうことに危機感を感じていて、SSLの導入を求める人が増えています。

約8割のユーザーがSSLに対応するべきと回答しています。名前や住所だけでなく、銀行口座の番号や名前・メールアドレスなどを入力するときに対応しているかどうかでも安心感が違いますよね。特にお問い合わせをするときにSSLによる暗号化がないと不安に思ってしまう人も多いのです。

ユーザーの安心感を獲得できる=利用者も増えるサイトだといえます。

まとめ

SSLはWEBサイトを運営するうえで重要です。もし大切な個人情報が漏れてしまったら…と考えると安心して取引ができなくなってしまいます。SSLが導入されていないHPだと商品の購入やサービスにつながらない原因になってしまいます。SSLを求めているユーザーはたくさんいますし、SSLを導入し安心して取引してもらえるようなサイトを目指して下さいね。

たけぞー
たけぞー

以前の記事でも書きましたが、Xサーバーは無料で独自SSLの設定ができます。

ぜひ、Xサーバーでサイトを運営してみてください。